フットボール“新語録”BACK NUMBER

元浦和コーチ・モラス雅輝の挑戦。
アジア人初の名門アカデミー入学! 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/11/18 10:31

元浦和コーチ・モラス雅輝の挑戦。アジア人初の名門アカデミー入学!<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

フォルカー・フィンケ監督時代の浦和レッズでコーチ、通訳を務めたモラス雅輝。レッドブル・ザルツブルクのスタッフとして宮本恒靖と三都主アレサンドロの通訳も務めた。

アジア人初のアカデミー卒業生として歩む道。

 講座は約1年半続き、最後に筆記、口頭、レポートのテストがある。

 無事に卒業できれば、サッカー界に幅広いネットワークを得るだけでなく、アカデミー卒業生として“人材バンク”に登録されることになる。

「国内でクラブや協会が『こんな人材がほしい』となったときに、卒業生のリストが有効活用されるんです。オーストリア全体のサッカーレベルを上げるという目的に、本当に貢献しているアカデミーだと思います」

 モラスは監督としての道を歩んで行くつもりだが、ピッチ内とピッチ外の両方を理解できる人材は少ない。アジア人初の『スポーツマネージメント・アカデミー』卒業生として、スポーツディレクターや経営者としての未来も広がりつつあるのかもしれない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

モラス雅輝

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ