NumberEYESBACK NUMBER

マンUで苦しむ香川。
今こそ移籍の決断を。
~ドルトムント復帰の選択肢は?~ 

text by

了戒美子

了戒美子Yoshiko Ryokai

PROFILE

photograph byTomoki Momozono

posted2013/11/05 10:30

マンUで苦しむ香川。今こそ移籍の決断を。~ドルトムント復帰の選択肢は?~<Number Web> photograph by Tomoki Momozono

ベラルーシ戦後、香川は「試合に出ないといけない」と語っていたが……。

 香川真司が苦しんでいる。今季、所属するマンチェスター・ユナイテッドでの出場機会はわずか。日本代表では今のところ先発の座に留まっているが、好調時にくらべてしまうとパフォーマンスの低下は明らか。10月のセルビア戦、ベラルーシ戦では、独特の軽やかなボールタッチがみられないばかりか、試合に入り切れていない印象を強く残した。香川が常に口にする「得点という結果」を求めてボールを持ちすぎるプレーぶりは、チームのリズムを崩しているようにさえ見えた。

 こうなると試合出場時間を増やすべきであることは明白だが、マンUでの状況は厳しい。ファーガソン監督のあとを引き継いだモイーズ監督は、今季序盤なかなか結果を出せずに苦しんだ。昨季プレミア王者らしからぬ戦いぶりに、まずは指揮官への批判が相次いだ。その中に、香川起用を求める報道も少なからずあった。縦に速いばかりの古いスタイルでは、英国内で勝てても欧州で勝てなくなっているのがここ数年の現実で、その現状を打開する為にやってきた香川への冷遇はいかがなものかという論調だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 914文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

マンチェスター・ユナイテッド
香川真司
デイビッド・モイーズ
アドナン・ヤヌセイ
ドルトムント

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ