Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

<米ツアー挑戦の苦悩と光明> 有村智恵 「ゴルフが怖くなった時期もあった」 

text by

及川彩子

及川彩子Ayako Oikawa

PROFILE

photograph byShizuka Minami

posted2013/10/30 06:01

<米ツアー挑戦の苦悩と光明> 有村智恵 「ゴルフが怖くなった時期もあった」<Number Web> photograph by Shizuka Minami

全米女子OPを沸かせた「技」の快感を追い求めて。

「技です、技。日本で戦っている時から、いい球も打ちたいけど、いろんな技を持った選手になるのが目標だったんです。アメリカでは技を持っている人の方が強いイメージがあって。球を高く上げたり、ハイスピンで止めたり、手前から低いボールで転がしたり。色んな技を器用にできる選手になりたい」

 苦しかった前半も何度か『技』に救われた。

 6月の全米女子オープン、2日目の11番ホールは今でもはっきりと覚えている。

 セカンドを傾斜のある奥に外してしまった。ピン回り以外は下っていて、落とす場所が少しでもずれれば大きくオーバーが予想される難しい状況だった。

「ロブショットでカットして、キャリーで落としたら、ピンの所で止まるんじゃないかって思って打ったら、10ヤードくらいのアプローチなのにバックスピンがかかって、まさかの1mショート。皆が『おぉーっ』ってなったんですよ」

 その様子を紙に書き起こし、身振り手振りをつけながら興奮気味にそのプレーを再現する。

 ギャラリーは感心し、一緒に回っていた選手が「後でどうやって打ったか教えてね」とつい口にしてしまうほどのスーパープレーだった。

 スコアに繋がったり、結果を大きく左右する一打ではないのは承知している。でも時間をかけて何度も練習し、やっと出た一打の快感は、何物にも代え難い。

「ハンパないですね。『打てた!』みたいなワクワク感がたまらないんです」

「できないことがあるから、練習したくてたまらない」

 コース横で涙に暮れた有村は、もういない。

「アメリカでのプレーは楽しくてしょうがないんです。できないことがたくさんあるから、練習したくてたまらない気持ちになるし。すっごくきついと感じることがあっても、それが間違いなく自分のプラスになっているんだろうなというワクワク感になります。乗り越えたら、すごいものが見えるんだろうなって」

 インタビューを終え、「ロッカーに荷物を取りに行ってきます」と言い残すと、スカートの裾を翻し、勢い良く階段を駆け下りて行った。まるで明日の練習が待ちきれないと言わんばかりに。ドアの向こうには鮮やかなグリーンが有村を待ち受けている。

甲子園熱風録。~誇り高き敗者の夏~

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
有村智恵

女子ゴルフの前後の記事

ページトップ