欧州サムライ戦記BACK NUMBER

清武弘嗣が本田圭佑の言葉で変身。
トップ下で生き残る意外な方法とは? 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byBongarts/Getty Images

posted2013/10/23 10:30

清武弘嗣が本田圭佑の言葉で変身。トップ下で生き残る意外な方法とは?<Number Web> photograph by Bongarts/Getty Images

セルビア戦後には「『僕が動いたら誰かが空くし、誰かが動いたら僕が空く』という感じで、15分間悪くなかったと思う。あとは結果が欲しい」とプレーの手応えを語っていた清武。

本田圭佑のアドバイスで動きにメリハリを。

「相手につかれている時、ボールをもらいに行っても失うことが多いから、本当に必要な時だけ行く。ここは俺が行かなくていいかなっていう時は、行かないで中で待つ。そういうメリハリをつけたほうがトップ下はいいよって言われたんです。なるほどって思って、試合では行くところとそうじゃないところを考えてプレーしていたんです」

 あらゆる局面に顔を出してボールに触れようとすると、マークが厳しくなる。また、必然的に運動量が必要となり、疲れも出てくる。すると、いざ攻撃という時に余力がなくなってしまう。だが、メリハリをつけて負担が軽減できれば、攻撃の際に思い切って勝負をすることができる。

「そうなんですよ。だからフランクフルト戦は守備しかしてないけど、そのメリハリをつけていたんで全然疲れなかった。ボールに触る回数は減ったし、ボールも出てこなかったけど、自分としては気持ち良くプレーができた。やり続ければ、良くなるかもっていう手応えもあった。トップ下はこうあるべきもんだって圭佑君に教えてもらって、ほんと良かったなと思いました」

「俺は、連敗はあまり気にしてないです」

 日本代表の欧州遠征は、清武自身にとっては大きな収穫になったようだ。だが、チームは連敗し、ザッケロー二監督の解任が叫ばれるようになるなど日本代表を取り巻く環境は一段と厳しくなった。

「俺は、(連敗は)あまり気にしてないです。圭佑君は、新しいことにチャレンジしていると言っているし、今はそれをやれる時期だと思うんでね。世界で勝つには、それが必要だからやっているわけだし、それで来年、W杯で結果出ればいいじゃないですか。もちろん、勝てないことの危機感はみんな持っている。でも今回の結果を受けて、勝てるサッカーをより意識していくと思うんで、来月のオランダ戦とベルギー戦はもっといい戦いができると思います」

【次ページ】 「曜一朗の心配をしている場合じゃない」

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

清武弘嗣
ニュルンベルク
本田圭佑
アルベルト・ザッケローニ
柿谷曜一朗

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ