F1ピットストップBACK NUMBER

日本GPで最速レッドブル勢に肉薄!
グロージャンと小松礼雄の“雪辱”。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2013/10/14 12:00

日本GPで最速レッドブル勢に肉薄!グロージャンと小松礼雄の“雪辱”。<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

表彰台の下でチームスタッフたちとグロージャンを見上げる小松。「2年目になって精神的に余裕ができたから」と、グロージャンの躍進を説明してくれた。

これまでで一番優勝に近かった3位だった!

「別に勝ったわけでもなく、表彰台も一番低い3位。でも、レース内容はいままで手にしてきた表彰台のどれよりも……優勝に近かった。もちろん、優勝はしたかったから残念だけど、今日、レッドブルに対抗できたのはロマンだけ。僕にとっては優勝にも匹敵する走りだった」(小松)

 そして、1年前の雪辱を果たしたグロージャンも言った。

「今日は僕のエンジニアにとって素晴らしい母国グランプリになって良かった」

 クラッシュから1年。

 グロージャンは鈴鹿で失った大切なものを取り返しただけでなく、大きく成長した姿も披露。日本人ドライバーはいなかったが、過去に鈴鹿で開催された24回のグランプリのどのレースにも負けない素晴らしい内容に、観客は熱い声援をいつまでも送っていた。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

小松礼雄
グロージャン
キミ・ライコネン
セバスチャン・ベッテル
マーク・ウェバー

F1の前後のコラム

ページトップ