ロングトレイル奮踏記BACK NUMBER

下痢と腹痛に悩まされながら、
自らの足でオレゴンへ辿り着く。 

text by

井手裕介

井手裕介Yusuke Ide

PROFILE

photograph byYusuke Ide

posted2013/10/17 06:00

下痢と腹痛に悩まされながら、自らの足でオレゴンへ辿り着く。<Number Web> photograph by Yusuke Ide

長かったカリフォルニアを抜け、オレゴンに達した井手くん。

テントで眠ることができる喜び。

 Seiad Valleyというカリフォルニア側のRVキャンプ場に着く。

 僕がここを離れる前に20人ほどいたバックパッカーは3人だけに減っていたが、いつかのパンケーキチャレンジに挑戦しているバックパッカーを見ることができた。

 彼によると、この辺りを歩いていたバックパッカーたちは、なんやかんや言い訳をつけてトレイルをスキップしているようだ。

 カフェのおばちゃんは笑顔で僕の肩を叩く。

「よく戻ってきたわね。あんた、やるじゃないの」

 僕は休み過ぎで重い身体に鞭を打つ。

「お前が本当に戻りたかった場所に戻ってこれたんだぞ」

 初日は15マイルほどしか歩けなかった。以前歩いていた1日の距離の半分だ。それでも、誰かのベッドで眠るのとは違う充実感を抱き、久しぶりにテントで眠ることが出来た。

 翌日、僕はとうとう自分の力でカリフォルニアを抜けることができた。

 いや「自分の力」なんて表現はおこがましい。沢山の人の支えがあって「自分の足で」最初の州境を越えることが出来たのだ。

 終わり良ければすべて良し。これはシェイクスピアの残した、最も有名な言葉だ。

 いや、これは終わりではないか。これから、オレゴンでの移動生活が始まるのだから。

オレゴン州に入ったことを示す看板。心も躍る。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

他競技の前後の記事

ページトップ