スポーツはカタチから入る方なんですBACK NUMBER

世界一タフな一眼デジカメが都会からアウトドアまでのあらゆる名シーンを捉える! 

text by

奥山泰広&高成浩

奥山泰広&高成浩Yasuhiro Okuyama & Seikoh Coe(POW-DER)

PROFILE

photograph byNikon & Seikoh Coe

posted2013/10/18 06:00

世界一タフな一眼デジカメが都会からアウトドアまでのあらゆる名シーンを捉える!<Number Web> photograph by Nikon & Seikoh Coe
アスリートの心の中に渦巻くブツ欲を赤裸々に紹介し、解消していくこの企画。「ご意見番」として登場するのは、ファッション&モノ業界で長年活躍する“スマート”奥山泰広氏と、その相棒の“ワイルド”高 成浩氏。

筋金入りのアングラー(釣り人)を自称するワイルド高氏が、
釣りの獲物を撮影するカメラとして「Nikon 1 AW 1」を選んだ。
世界初の防水・耐衝撃レンズ交換式カメラの高性能と、
その使い方を奥山氏と二人でチェックする。

奥山   あれっ? 石垣島から戻ってたんスか?

  うん、朝9時に「南ぬ島 石垣空港」を飛び立って、ようやく午後2時過ぎに都心に到着。で、早速、島で撮影した画像をパソコンにダウンロードしているんだ。

石垣島の北側に位置する米原ビーチ。珊瑚礁と白い砂浜が美しく、シュノーケリングや釣りに人気だ。そうしたマリンレジャーに、Nikon 1 AW1は最適だ。 

奥山   おっ、その画像は米原ビーチですね。白い浜と青い空のコントラストは、さすが南国ですね。まだまだ“夏は終わらない”って感じ! 

  秋の気配はあるけど、ちょっとでも陽が出ると、とたんに夏日になるね。おかげで遠浅のビーチに立ちこんで、ルアーフィッシングを楽しめたよ。

奥山   へえ~、で、何か釣れましたか?

  いやぁ、中潮で潮が動かない日だったうえに、ちょうど干潮時だったし、陽も高かったし、餌となる小魚も居なかったし……それに観光客も多かったし、しかも風も強かったし、え~と、それから……。

奥山   はいはい、わかりました。要するに釣れなかったんでしょ! そんな言い訳はさておき、その一連の画像は凄くキレイですね。いつもは携帯とかで撮影したショボい画像なのに……。

  ふふっ(薄笑)、やっぱり気づいた? 実は、カメラを新調したんだよ。ジャジャ~ン、ほら、Nikon 1 AW1だぜィ。

奥山   おお~っ、ニコンの最新型じゃないですか! あれ!? ミラーレス一眼が流行りだした1年前くらいに「最新技術を先取りだ~」って、1台買ってませんでした?

  いや……実は……そのぅ、あのぅ……駿河湾で釣りしてたら波をかぶっちゃって……、それに船縁にぶつけたりして……早い話、ブッ壊しちゃったんだよ。

奥山   なるほど。行動がガサツな高さんには、世界初の防水・耐衝撃性能を搭載したAW1は最適でしょうね。

  ガサツじゃなくて、「行動がヘビーデューティ」って言って欲しいね。ここ最近、釣り仲間がSNSとかで盛んに釣った魚をアップしているから、俺も負けじと大物をキレイに撮ってアップしようと思うんだ。で、水にもショックにも強い高性能カメラを手に入れたってワケ。

ハイセンスなデザインに、優れた防水・防塵性能を凝縮

奥山   高さんのことだから、わざわざカメラを石垣島の海に浸けて、防水性能を試してみたんでしょ!?

  バッカだなぁ、そんな子供みたいなコトするわけないだろ。AW1はちゃんと、フィッシングベストのポケットに保管してたよ。でもね、夢中で釣ってたらいつの間にか深い所まで立ちこんでいてサ、ふと気づいたら海面が胸の近くまで来ちゃってサ、ポケットの中のAW1がずぶ濡れに! ところが、AW1は全然へっちゃらだったんだ。さすが、水深15mを誇る防水性能だな。しかも、陸に上がって砂まみれになっても、まったく平気。防塵性能にも脱帽だよ。

奥山   へえ~。ちょっと触っていいですか(と言いつつ、AW1をいじくる)。凄いなぁ、レンズのマウント部やバッテリー&メモリーカードの蓋にも、シーリングゴムが装着されているんだ!

レンズのマウント部を始めとして、ボディ細部にシーリングゴムを施している。水深15mの防水性能、および砂や埃を寄せ付けない防塵性能が魅力だ。 

  そうなんだよ。あまりにシーリングがぴっちりしてるもんだから、初めてレンズを取り付ける際、ちゃんとハメるのにてこずっちゃったよ(笑)。しっかりレンズをハメたつもりでも、画面に「レンズが装着されていません」と表示されちゃうんだ(苦笑)。

奥山   ううむ、レンズを左に捻りながらハメ込むときの感触がいいですね。抵抗感があるのに、全然擦れる音がしない……そして最後にカチッとハマるのがたまらないです。

  そのとおり! 「レンズを装着する」「蓋を閉じる」といった操作だけで、密閉性が高いことを実感できる。ニコンは機能性だけじゃなく、そういう質感も重要視したみたいだな。

奥山   確かに! デザインも高品質さを印象づけてますね。アウトドア仕様だからと言ってこれ見よがしのハードっぽい見かけではなく、シンプルなフォルムに仕上げたステンレスボディが好感を持てます。

  アウトドアよりむしろ都会の方が似合うくらい、ファッショナブルな外見だよな。実際、石垣島に帰る前に東京でも撮影したんだけど、とても使いやすかったよ。軽量・コンパクトだからバックパックに入れてもかさ張らないし。

奥山   約W113.3×H71.5×D37.5mm(突起部含まず)だから掌に収まりやすいし、多機能搭載で重量約313g(本体のみ)は随分軽いですね。で、「街中での撮影」って、合コンに持って行ったんでしょ? 自慢げに!?

  う、うん……まぁね。いや、それがサ、AW1はシャッターボタンを半押ししてから全押しして離すまでの20コマを撮影し、「目つぶり」や「フレームアウト」、「ブレ」とかの失敗写真を除外して最高の一瞬だけ厳選してくれるんだよ。だから、みんな楽しそうな笑顔ばかり撮れたから、大ウケだったよ。

奥山   スマートフォトセレクターって機能ですね。で、そのデータは石垣島に帰る前に、ちゃんと消しといたんでしょうね。奥様に見つかったら、ヤバいでしょ!?

  うっ、確か、新しいメモリーカードに替えたと思ったけど……(汗)。

【次ページ】 シュノーケリングに最適! 魚をキレイに撮る機能満載!!

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

他競技の前後のコラム

ページトップ