SCORE CARDBACK NUMBER

桐光・松井だけじゃない!
注目株が味わった悲喜劇。
~甲子園・地方大会で続いた熱戦~ 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/08/08 06:00

桐光・松井だけじゃない!注目株が味わった悲喜劇。~甲子園・地方大会で続いた熱戦~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

愛媛大会の決勝で今治西を下した、済美の安楽智大。剛腕投手は「甲子園最速」を目指す。

 超高校級の実力を持つスター選手が次々と都道府県大会で姿を消している。もっとも話題になったのが、昨年夏の甲子園大会で4試合投げ、驚異の奪三振率17.00を記録した松井裕樹(桐光学園)が、強豪・横浜のストレート狙いの術中にはまって神奈川大会準々決勝で敗退したことだ。

 横浜は1回、先頭の川口凌がスライダーを狙い打って二塁打を記録、後続も凡退など、当初はスライダーに狙いを定めたようなスイングを繰り返した。

 さらに、この日の松井のストレートが自己最速の149kmを計測したように好調だったこと、ボールを受ける捕手が1年生の田中幸城だったためワンバウンドになるスライダーが投げづらかったことなど、ストレートを主体にピッチングを組み立てる要素が少なからずあった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 571文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

甲子園熱風録。~誇り高き敗者の夏~

関連記事

安楽智大
松井裕樹
高濱祐仁
田中幸城
森友哉
大阪桐蔭高校
済美高校
横浜高校
桐光学園高校

高校野球の前後の記事

ページトップ