プレミアリーグの時間BACK NUMBER

マンUで相次ぐ大物獲得の噂――。
2年目香川、トップ下起用の可能性。 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byShigeki Yamamoto

posted2013/07/31 10:30

マンUで相次ぐ大物獲得の噂――。2年目香川、トップ下起用の可能性。<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

チームには日本での横浜F・マリノス戦前の7月22日から合流し、26日のセレッソ大阪戦で凱旋ゴールを決めた。

セスクの獲得はセンターハーフ起用が目的?

 ベイルの獲得は、セスクの3倍近い移籍金が想定されることから現実味は薄い。一方、そのセスクの加入はあり得る。定位置が保証されていないバルセロナでの現状は、W杯を控えた選手には悩ましい。移籍を決意すれば、契約上、古巣アーセナルに第一交渉権があるが、ファンペルシと同様、忠誠心とタイトルの可能性を天秤にかければ、マンUを選ぶ可能性はある。

 だが、モイーズの意向は、新センターハーフとしての獲得と思われる。マイケル・キャリックとコンビを組む、中央の起点として期待されているはずだ。セスクのパス能力と視野の広さを以てすれば、中盤で攻撃をスピードアップさせることができる。ボール奪取能力は十分で、後続の攻撃波として自らが駆け上がるセンスを備えていることも、3センターの一角で活躍したアーセナル時代に実証済みだ。バルセロナでは前線で起用されているが、ペナルティエリア付近を主戦場に、自らもゴールを狙うプレーは、それこそ香川の真骨頂だ。

左SBには、香川を生かす相棒加入の噂が。

 当然、オプションとしてセスクがトップ下に入ることはあるだろう。その際の香川は、昨季も経験した左サイドに回る。そこでも、ある前提条件の下に、昨季以上のインパクトは可能だ。それは、レイトン・ベインズの加入。エバートンの左SBは、モイーズの就任が決定した瞬間からマンU移籍の噂が絶えない。

 香川は、アウトサイドで1対2の局面に陥っても、巧みにボールをキープしながら、オーバーラップしてくるSBにボールを預けてインサイドでリターンを受けるなど、外から敵を崩す能力を持つ。昨季左サイドでの縦の連係相手は、脚の衰えが著しい32歳のパトリス・エブラだった。攻撃意欲は旺盛だが、後方に残したスペースへの不安は、当人の頭の中にもあるはずだ。その点、28歳のベインズは、今が年齢的なピーク。国内には、代表の左SBレギュラーに、アシュリー・コールではなくベインズを推す声もある。香川にすれば、より組みがいのある左サイドの相棒だ。

 そのベインズに関しては、6月に15億円台での商談を拒否された後、マンUに具体的な動きはない。しかし、今夏の移籍市場閉幕は9月2日。まだ時間はある。言い値の半額から交渉を始めたマンUは、焦らず、移籍金を抑えて獲得に漕ぎ着けるつもりだろう。マンUからのルーニー獲得に真剣なチェルシーにも同じことが言える。バルセロナは、強気な態度でセスクの移籍金を吊り上げたいところだ。しばらくは移籍の噂と共に、香川の立ち位置も注目され続ける。そして市場が閉まれば、マンUの主力として注目を浴びる。2年目の香川に、そのための力量と環境は「あり」と見る。

関連記事

BACK 1 2 3
マンチェスター・ユナイテッド
香川真司
ウェイン・ルーニー
ロビン・ファンペルシ
デイビッド・モイーズ
セスク・ファブレガス
ギャレス・ベイル
レイトン・ベインズ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ