ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

香川のドルトムントがついに首位!
ブンデス制覇を狙える4つの理由。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2010/10/24 08:00

香川のドルトムントがついに首位!ブンデス制覇を狙える4つの理由。<Number Web> photograph by Getty Images

現時点でリーグ最多の20ゴール。決定率もトップの57%。

 最後に挙げられるのは、決定力の向上だ。

 昨シーズン、ドルトムントが手にしたビッグチャンスの数はバイエルンに次ぐ2位。ところが、肝心の決定率は36%で、リーグ15位だった。それでも最終的に5位でシーズンを終えたのは評価できるのだが、もう少し決定力があれば順位は違ったものになったはずだ。

 リーグ最多の20ゴールを挙げている今シーズンは、ビッグチャンスの数も当然ながらリーグトップ。課題だった決定率でも、同じくリーグトップの57%を記録しているのだ。

 データ分析に定評のある「スポーツビルト」誌は、決定力が向上した理由をこう結論づけた。

「若い選手たちが十分に経験を積んだ。だから、若い選手たちが冷徹なくらいにビッグチャンスを決められる」

優勝予想のオッズはバイエルンよりも低い大本命待遇。

「キッカー」誌が実施したアンケートでは、ドルトムントの優勝を予想する人が71.6%を占めた。

 さらに、『ODDSET』社が設定する今季のブンデスリーガの優勝チームのオッズも随分と変わった。ドルトムント優勝のオッズが2.7倍にまで下げられたのだ。ちなみに、バイエルンは3.0倍だ。

 ドルトムントはここでもまた、“首位に躍り出た”のである。

「優勝を口にするつもりはない。この時点で首位に立つことに興味はないよ」

 クロップ監督は火消しに躍起になっているのだが、この騒ぎ、しばらくは収まりそうにない。

関連記事

BACK 1 2 3
ドルトムント
ユルゲン・クロップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ