Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<現役復帰の真相を語る> 小笠原(旧姓・小野寺)歩 「あらゆる出来事が再出発のためだった」 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byKiyoaki Sasahara

posted2010/10/21 06:00

<現役復帰の真相を語る> 小笠原(旧姓・小野寺)歩 「あらゆる出来事が再出発のためだった」<Number Web> photograph by Kiyoaki Sasahara
帰ってきた。ついに戻ってきた。
4年前、トリノ五輪の活躍で日本中にブームを巻き起こした
カーリング日本代表を率いたスキップは、
その後休養の道を選んだが、現役に戻る決意をした。
今ここに、復帰への経緯と決意を語る。

 その姿は、歳月のたしかな流れを思わせた。

 お腹にまだ小さな、小さな赤ん坊を抱えていた。あやすようにわが子に向けられたのは、優しい笑顔だった。

 2006年のトリノ五輪は荒川静香の金メダルで記憶されるが、それに劣らぬ関心とブームを起こしたのはカーリング日本代表「チーム青森」である。チームのスキップ(主将)であり、中心にいたのが小野寺歩だった。

 以前なら想像できないほどカーリングの認知度が高まった今日への発火点となり、道筋をつけた小野寺は、トリノ後、盟友、サードの林弓枝とともにチーム青森を離れ、北海道で休養の形をとった。

 あれから4年と半年が流れた。

 結婚を経て一児の母となった小野寺歩は小笠原歩として、やはり一児の母となった船山(旧姓林)弓枝とともに復帰を決意した。

 休養の中でも、小笠原は各地で講演活動などを行なう中で、常に言い続けてきた。

「いつかは復帰します」

「いつかは」について、小笠原には思い描くイメージがあった。4年間、オリンピックのために懸けてきて、臨んだトリノ五輪ですべてを出し切り、それでもメダルに届かなかった。足りないのは何か、次を目指すときに必要なのはと考えたときに感じたのは、技術ではなく精神的な強さだった。そして一つの思いに至った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3969文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

プロ野球ドラフト秘話。1965-2010

Sports Graphic Number 764

プロ野球ドラフト秘話。1965-2010

 

小笠原歩
トリノ五輪
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ