野球クロスロードBACK NUMBER

原監督は落合監督のお株を奪うべし!
苦手・中日に巨人が勝つ方法とは? 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2010/10/18 12:05

原監督は落合監督のお株を奪うべし!苦手・中日に巨人が勝つ方法とは?<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

落合監督の変則戦法に原監督は惑わされてはいけない!

 3点以上取れていないのであれば3点は必ず取る。

 防御率3点台の投手陣が3点以内で抑える。

 シーズンのチーム打率2割5分9厘、539得点と、ともにリーグ5位の中日打線が相手であれば可能かもしれない。もちろん、言うほど簡単なことではない。だが、短期決戦では一球、一打席での迷いが命取りとなるため、それくらいの明確なプランがあったほうが戦いやすい。

 シーズン終了直後に選手全員を一軍登録抹消したり、変則的なローテーションや投手起用をする中日ではあるが、巨人はその奇策に乗ってはいけない。

 むしろ、中日の戦い方を模倣するくらいの勢いで相手を自軍のペースに引き込むことが求められるのではないか。

 ファイナルステージは20日から始まる。

 巨人が迷わず戦うことさえできれば(かつパ・リーグ3位のロッテに先を越されなければ)、史上初となる3位チームの日本シリーズ進出も現実味を帯びてくる。

関連記事

BACK 1 2 3
読売ジャイアンツ
原辰徳
中日ドラゴンズ
落合博満

プロ野球の前後の記事

ページトップ