リーガ・エスパニョーラの愉楽BACK NUMBER

今こそモウリーニョに進言したい!
レアルを救うのはカナーレスである。 

text by

中嶋亨

中嶋亨Toru Nakajima

PROFILE

photograph byMutsu Kawamori

posted2010/09/24 10:30

今こそモウリーニョに進言したい!レアルを救うのはカナーレスである。<Number Web> photograph by Mutsu Kawamori

U-21スペイン代表の主力でもあるカナーレス。オランダ戦(9月2日)、ポーランド戦(9月7日)と連続ゴールを決め、U-21欧州選手権のプレーオフ出場に貢献した

 リーガが開幕してからここまで、話題の中心はやはりモウリーニョである。

 格下マジョルカとの開幕戦をスコアレスドローで終え、第2節もオサスナ相手に1-0の辛勝という結果に、マドリディスタはモウリーニョに対し、早くもブーイングを浴びせ始めた。

 チームは攻撃の連動性が低く、単調で、選手個人の能力に任せている感が否めない。時間を与えればスムーズに攻撃が機能するのだろうか。それとも、選手の組み合わせを変えることが解決策となるのか。

パスが通ったあとの次の一手がどうしても出ないレアル。

 時間を与えることで攻撃が向上するならば、アヤックスとのチャンピオンズリーグ初戦を含めた開幕からの3試合でその“兆し”が見えてもいいはずだが、全く見えない。

 ここまでのレアルは、ボールを持った選手に対し、パスの受け手しか反応していないため、その次のプレーに対して動き出す選手、すなわち「3人目の動き」がほとんど見受けられないのだ。

「攻撃の連動性を向上させる」ことは、この3人目の動きの精度を高めると言い換えられるが、これほど攻撃が単調なのは、モウリーニョが用意する練習メニューに一因がある。モウリーニョの目にとまり、トップチームに帯同する22歳の若手フアンフランは、昨季のペジェグリーニ前監督と現体制下の練習メニューで最も違うのは、この「3人目の動きを高めるメニューをモウリーニョはあまりやらない」と言っている。

カカに代わる攻撃のカンフル剤がカナーレスだ!

 練習によって攻撃の連動性がもたらされないとなれば、今のレアルの攻撃を変えるには、ピッチ上で3人目の動きをもたらす選手を起用するしかない。真っ先に思い浮かぶのが2年目のカカだが、あいにくケガで離脱中。復帰は早くて11月と言われている。しかし、カカに頼らずとも、攻撃のカンフル剤となりうる選手がいる。開幕戦でスタメンを張った、セルヒオ・カナーレスだ。

 昨季ラシンで活躍し、1月にレアルと契約を結び、今夏のキャンプでの評価如何で他のクラブでプレーする可能性もあったカナーレスは、レアル残留どころか開幕戦でスタメンを勝ち取った。

【次ページ】“次の次”を見通せるカナーレスの特殊能力を活かせ!

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ジョゼ・モウリーニョ
セルヒオ・カナーレス
レアル・マドリー

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ