MLB東奔西走BACK NUMBER

メジャーで躍動する永遠の野球小僧。
天衣無縫な川崎宗則、本当の価値。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/06/08 08:01

メジャーで躍動する永遠の野球小僧。天衣無縫な川崎宗則、本当の価値。<Number Web> photograph by Getty Images

5月26日のオリオールズ戦で逆転のヒットを放ち、ファンの声援に応える川崎宗則選手。ここまで(6月5日現在)の成績は打率.214と無安打が続き低迷している。正遊撃手のレイエス選手の復帰も迫り、正念場に立たされている。

純粋な野球少年のように「もっと上手くなりたい」。

 かつて川崎のようにスルメのような味わいを放った日本人メジャー選手が存在した。

 田口壮選手だ。

 彼も2年間のマイナー生活を経てメジャーに定着すると、チームプレーに徹するひたむきな姿勢がファンの心を掴み、カージナルスで異彩を放つ存在となった。

 残念ながらメジャー最後の2シーズンで在籍したフィリーズとカブスでは出場機会に恵まれなかったが、両チームの一員としてブッシュ・スタジアムで初打席に立った時はファン総立ちの大拍手で迎え入れられた。カージナルス時代の田口を数字でしか知らないフィリーズやカブスのメディア達は、その光景に驚きを隠せなかったのを今でも鮮明を記憶している。

「こちら(MLB)で骨を埋めようなんて思っていない。来年になって自分が何を考えているかわからない。僕が野球するのに、強い意志なんか関係ありませんから。ただ今は自分がしたい、学びたい、もっと野球が上手くなりたいと思っているからこっちにいるだけなんです」

 今でも野球少年のように純粋に野球を楽しもうとする川崎。今後どこに所属しようとも、彼の気持ち、思いが表現されたプレーを間近に見た選手やファンを虜にしていくことは間違いないだろう。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
川崎宗則
トロント・ブルージェイズ
ホゼ・レイエス
ジョン・ギボンズ

MLBの前後の記事

ページトップ