Jリーグ万歳!BACK NUMBER

中村俊輔好調の陰に中町公祐あり。
マリノス快進撃を支える“サッカー脳”。 

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/04/12 10:30

中村俊輔好調の陰に中町公祐あり。マリノス快進撃を支える“サッカー脳”。<Number Web> photograph by AFLO

中町は1985年9月1日生まれ、174cm、74kg。Jリーグは5節終了時点で全試合にフル出場している。

2人のボランチがゴールを決めた結果が意味するもの。

――サッカー選手としての自分の特徴と自分を取り巻く環境を照らし合わせて、自分の立ち位置がはっきり見えてきたという感じなのでしょうか。

「今のマリノスで言えば、自分の中でいろんなことが整理できていることは間違いないですね。この前の広島戦、3-1でしたよね。カンペーさんがミドルで先制点を決めて、その後、俺が前に出て行って2点目を決めた。つまり、後ろからでも、前に出て行ってもという、この2つの形で2人のボランチがゴールを決められたという結果に、ものすごく大きな充実感を感じているんですよ。『これはバランス取れてるな』って。もう、最近はお互いに言い合わなくても、簡単な確認だけでコミュニケーションが取れるし、お互いを理解できるんです。その状態って、やっぱりやりがいと充実感がありますよね(笑)」

 考える力がある。技術がある。守備もできる。気も利く。フィニッシュにも加われる。そうした万能型のボランチは、バランサーが重用される組織サッカーにおいて少なくない。中町もその一人だが、チームを機能的に動かすことで生きる自分を理解した上で、その先にある可能性にも果敢にトライしようとしている。

「やっぱり、ただつないでるだけじゃオレ的には納得できないんで」

 中村をサポートしながら、時にはその背中を追い越してゴール前に飛び込む。そんなシーンがさらに増えるようなら、横浜FMの勢いはさらに加速するはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
横浜F・マリノス
中村俊輔
中町公祐
樋口靖洋
富沢清太郎

Jリーグの前後の記事

ページトップ