野球クロスロードBACK NUMBER

今年の中畑DeNAは何が違うのか!?
開幕3連戦に見た「勝」へのこだわり。  

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/04/01 11:45

今年の中畑DeNAは何が違うのか!?開幕3連戦に見た「勝」へのこだわり。 <Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

開幕第2戦、最後を締めた山口俊をベンチ前で迎える中畑監督。その右に並ぶは開幕ダッシュの立役者たる、ブランコ、ソーサ、三浦が並ぶ。三浦は投手として21年間連続の勝ち星を上げ、球界4位となる記録を刻んだ。

 5年連続でセ・リーグの最下位。低迷するDeNAが、今季の開幕カードで昨季2位の中日を相手に2勝1敗と勝ち越しできたのは、決して偶然が生んだ産物ではなかった。

 チームスローガンである「勝」――。

 プレースタイルや采配。退路を断ち、背水の覚悟で挑む今季は、開幕戦からその姿勢がはっきりと表れていた。

 打線から言えば、DeNAが掲げる「1点を確実に取る」という攻撃スタイルが機能した。

 1番打者に昨季リードオフマンを務めた荒波翔ではなく、オープン戦から思い切りのいい打撃の石川雄洋を置き続けたことが、3月29日の開幕戦でいきなり実を結ぶ。

 1回表の第1打席の初球をセンター前へ。チームの緊張感が高まっているこの状況での石川の打撃を、中畑清監督はこう評価した。

「これ以上にない結果だね! 開幕戦は気持ちが昂り過ぎて空回りすることが多いんだけど、あれでチーム全体に『いけそうだ』という雰囲気が出てきたよね」

「落ちるボールを放っておけばいい」はずのブランコが見せた一打。

 さらに2死二塁と先制の場面。中日から移籍した主砲のブランコが、吉見一起の外角のフォークをうまく捉えタイムリーを放つ。開幕前に古巣の指揮官である高木守道監督から、「落ちるボールを放っておけばいい」などと弱点を暴露され続けていれば、多少なりとも力は入るはずだが、ブランコは冷静だった。

「チームメートから敵の立場に変われば攻め方も変わるしね。バッテリーの配球は結構、研究したよ。フォークは狙っていたわけではないけど、なんとかランナーを還そうとだけ思って打席に立った。甘いボールではなかったけど、よく打てたと思う」

 1-2のビハインドで迎えた8回もそうだ。

 この回、先頭の石川がしぶとく三塁線を破る二塁打で出塁すると、2番の内村賢介が四球を選び、モーガンの送りバントと全力疾走が相手のエラーを誘い同点。なおも無死二、三塁のチャンスで、再びブランコが勝ち越し2点タイムリーと魅せた。

 その場面を彼は、こう説明する。

【次ページ】 四球に好走塁……第2戦で見せた「勝つ」ための野球。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

横浜DeNAベイスターズ
石川雄洋
中畑清
ブランコ
中日ドラゴンズ
高木守道
荒波翔
内村賢介
ナイジャー・モーガン
アレックス・ラミレス
藤井秀悟
三浦大輔
井納翔一
鄭凱文
エンジェルベルト・ソト

プロ野球の前後のコラム

ページトップ