野球クロスロードBACK NUMBER

今年の中畑DeNAは何が違うのか!?
開幕3連戦に見た「勝」へのこだわり。  

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/04/01 11:45

今年の中畑DeNAは何が違うのか!?開幕3連戦に見た「勝」へのこだわり。 <Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

開幕第2戦、最後を締めた山口俊をベンチ前で迎える中畑監督。その右に並ぶは開幕ダッシュの立役者たる、ブランコ、ソーサ、三浦が並ぶ。三浦は投手として21年間連続の勝ち星を上げ、球界4位となる記録を刻んだ。

好調である2人で連勝を狙ったベンチワークが奏功!

 藤井はオープン戦3試合の登板で防御率1.32と結果を残したし、三浦は開幕戦に登板すると7連敗中というデータもある。

 開幕投手を藤井にすることで、三浦の負の連鎖を断ち切ることができるし、吉見との「エース対決」による潰し合いも避けられる。それによって、好調である2人で連勝を飾れるかもしれない――。

 そんなベンチワークが、見事にハマった。

 藤井は勝ち投手にこそならなかったが、6回2失点とゲームを作り、チームに勝利を呼び込んだ。中畑監督も、彼の出来栄えに大きな手応えを抱いていた。

「大合格! ランナーを背負った場面でも何とか踏ん張って6回まで投げてくれた。『バンザイ!』と言いたい。次に投げる大輔で、さらにチームは引き締まります」

 指揮官の思惑通り、第2戦の先発マウンドに上がった三浦は8回途中2失点とゲームを締め、DeNAは連勝を収めたのだ。

2日からの巨人戦ではソトと新人の井納翔一で勝利をつかめるか?

 第3戦では一転、先発の鄭凱文が3回途中4失点でKOされチームも敗れた。それでも、開幕投手の人選同様、「勝てる試合は勝つ」といった姿勢が見て取れる。それは、4月2日からのホームでの巨人3連戦で、中日から移籍した安定感のあるソトとオープン戦で結果を出した新人の井納翔一が投げる予定だからだ。

 勝ちにこだわるローテーション。これも、今季のDeNAの大きな武器となる。

「今年こそ、『ベイスターズは違う』ところを見せないといけないし、皆さんからそう言ってもらえるようにしないといけない」

 三浦はそう言った。

 先の結果などまだ分からない。ただ、これだけは言える。

「勝」に執念を燃やすDeNAは、今年こそ、セ・リーグの順位争いを面白くしてくれる。

関連記事

BACK 1 2 3
横浜DeNAベイスターズ
石川雄洋
中畑清
ブランコ
中日ドラゴンズ
高木守道
荒波翔
内村賢介
ナイジャー・モーガン
アレックス・ラミレス
藤井秀悟
三浦大輔
井納翔一
鄭凱文
エンジェルベルト・ソト

プロ野球の前後の記事

ページトップ