日本代表、2014年ブラジルへBACK NUMBER

香川、清武、乾の“トリオ”に続け!
柿谷曜一朗、代表入りの日を考える。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS/AFLO

posted2013/03/05 10:31

香川、清武、乾の“トリオ”に続け!柿谷曜一朗、代表入りの日を考える。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS/AFLO

森島、香川、清武が背負った「8」を今季から受け継いだ柿谷。Jリーグ開幕戦では、新潟相手に0-0で迎えた後半43分に値千金の決勝ゴールを決めた。

「3人の試合は毎回録画してるし、応援して見てます。ライブで見たり、ちょっと早めに寝て、朝早く起きてから見たりとか、練習後にチェックしたりとか。3人が出てるときは、もうそこだけ見ている感じですね。応援目線なんで試合全体というよりも、ホント、3人のところだけ。だからちょっとした仕草とかで気になったらメールしてやるんですよ。『あんとき、こうしてたやろう』って」

 3人とは香川真司、乾貴士、清武弘嗣のこと。

 そしてこの声の主は、柿谷曜一朗。3人と柿谷を結びつける共通項は言うまでもなくセレッソ大阪だ。柿谷にとってかけがえのない仲間である。

 香川、乾は2009年にチームをJ2からJ1に引き上げた立役者であり、2010年から加入した清武は2人が海外に渡った後のチームの中心となった。同年代の彼らはセレッソでの活躍から海外に飛び立ち、香川はザックジャパンの中心として活躍し、清武はロンドン五輪のエースからA代表でもレギュラーを張るようになった。乾も代表定着を目指している。

徳島で逞しさを身に付けた男は、香川たちとの差を一気に縮める!

 随分と差をつけられてはいる。

 U-17W杯での活躍など彼らの誰よりも脚光を浴びてきた柿谷は、「天才」と言われながら伸び悩んできた。チームでレギュラーを獲れず、五輪代表とも無縁。度重なる練習遅刻でレヴィー・クルピの逆鱗に触れて2009年シーズンの途中、J2徳島ヴォルティスに渡った。

 だが2年間、徳島で精神的なタフさを身につけた男は、昨年、逞しくなってセレッソに復帰し、いきなりレギュラーの座を奪って自身初の2ケタ得点をマークした。反転攻勢の狼煙が上がったのだ。そして迎える2013年シーズン。自分の前を通り過ぎていった彼らとの“差”を一気に縮めてくるような期待を感じずにはいられないのである。

「去年は結果にこだわってやれた1年だったと思います。でもチームの成績がいいわけではなかったし、自分としてもまだまだ。だから今年はもっと結果にこだわってやっていかないといけない。今年も苦しいシーズンになるとは思いますけど、結果を出してそれを乗り越えていきたい。乗り越えられる覚悟もあるし、その自信もあります」

【次ページ】 柿谷を「結果」へと向かわせるクルピ監督の存在。

1 2 3 NEXT
柿谷曜一朗
セレッソ大阪
香川真司
乾貴士
清武弘嗣
レヴィー・クルピ
アルベルト・ザッケローニ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ