詳説日本野球研究BACK NUMBER

日本代表はセットアッパーで勝負!?
WBC優勝への投手起用法を考える。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/02/20 10:32

日本代表はセットアッパーで勝負!?WBC優勝への投手起用法を考える。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

昨年11月18日のキューバとの親善試合第2戦に先発した巨人・澤村。スライダーとフォークで3者連続三振を含む計4三振を奪い、2回を1安打無失点に抑えた。

 WBC代表候補の投手陣の顔ぶれに、日本球界の現状がよく現れていると思った。15人の代表候補の中に、「守護神」と形容される抑え投手がいないのだ。山井大介、浅尾拓也(ともに中日)、牧田和久、涌井秀章(ともに西武)、森福允彦(ソフトバンク)は抑えで投げたことはあるが、いずれも経験値は低い。

◇山井が本格的にリリーフをまかされたのは昨年1年だけ。
◇浅尾は'11年に10セーブを挙げているが、岩瀬仁紀から抑え役を引き継ぐはずだった'12年、不調が長引いて29試合の登板にとどまっている。
◇牧田は'11年、守護神不在のチーム事情のためシーズン途中に先発から抑え役に転向し、涌井も'12年、1年間の期限付きで先発から抑えに転じているが、経験はそれしかない。
◇森福は'12年、抑え役のファルケンボーグが肩の故障でリタイアした5月から暫定的に抑え役をまかされているが、'11年まではセットアッパーの登板がほとんどだ。

“守護神”は外国人と顔役のベテラン選手の役割!?

 それでは各球団の抑え役にはどんな選手が就いているのだろうか。'12年に10セーブ以上挙げた選手を紹介しよう。

巨人 西村健太朗 71.1回、3勝2敗32セーブ15 HP、防御率1.14
マシソン 42回、2勝0敗10セーブ10 HP、防御率1.71
中日 岩瀬仁紀 51回、1勝3敗33セーブ7 HP、防御率2.29
山井大介 101回、4勝3敗15セーブ16 HP、防御率1.43
ヤクルト バーネット 54.1回、1勝2敗33セーブ4 HP、防御率1.82
広島 ミコライオ 58回、3勝5敗21セーブ18 HP、防御率2.79
阪神 藤川球児 47.2回、2勝2敗24セーブ4 HP、防御率1.32
DeNA 山口俊 62回、1勝2敗22セーブ4 HP、防御率1.74
日本ハム 武田久 54.1回、4勝4敗32セーブ7 HP、防御率2.32
西武 涌井秀章 63回、1勝5敗30セーブ4 HP、防御率3.71
ソフトバンク 森福允彦 58.1回、2勝5敗17セーブ26 HP、防御率1.39
ファルケンボーグ 23回、0勝1敗13セーブ4 HP、防御率1.57
楽天 青山浩二 64.2回、5勝4敗22セーブ7 HP、防御率2.51
ロッテ 薮田安彦 56.2回、1勝6敗26セーブ9 HP、防御率3.34
オリックス 岸田護 52回、4勝2敗18セーブ7 HP、防御率2.42

 この中で成績、チームの信頼度とも盤石と言える選手は藤川くらいしかいない。目立つのは外国人選手と全盛期を過ぎたベテラン投手で、抑え役にくらべるとセットアッパーには勢いのある投手が目立つ。

【次ページ】 セットアッパー重視のトレンドが代表候補にも伺える。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大隣憲司
今村猛
澤村拓一
森福允彦
涌井秀章

プロ野球の前後のコラム

ページトップ