詳説日本野球研究BACK NUMBER

日本代表はセットアッパーで勝負!?
WBC優勝への投手起用法を考える。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/02/20 10:32

日本代表はセットアッパーで勝負!?WBC優勝への投手起用法を考える。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

昨年11月18日のキューバとの親善試合第2戦に先発した巨人・澤村。スライダーとフォークで3者連続三振を含む計4三振を奪い、2回を1安打無失点に抑えた。

キーとなるキューバ戦に勝つための投手陣は?

 このキューバとは昨年11月、「侍ジャパンマッチ」というエキシビションゲームを2試合戦い、連勝している。マウンドに上った投手は次の通りである。

◇2012/11/16 <日本2-0キューバ>
大隣→大竹→筒井→今村→加賀→大野→山口俊
◇2012/11/18 <日本3-1キューバ>
澤村→村中→西村→森福→大竹→涌井→山口俊

 この中で代表に選ばれる可能性があるのは次の5人だ。

大隣……2回、0安打、3三振、0四死球、0失点
今村……2回、0安打、2三振、0四死球、0失点
澤村……2回、1安打、4三振、0四死球、0失点
森福……1回、1安打、1三振、0四死球、0失点
涌井……1回、1安打、1三振、0四死球、1失点 ※グリエル本塁打

 縦の変化を得意とし、内・外角を正確にコントロールできる投手が好投しているので、エース級の田中、前田も通用するだろう。

 彼ら以外では杉内が前回大会の第2ラウンド、2番手で登板して3回を無安打、4奪三振に抑えているのが好材料だ。

関連記事

BACK 1 2 3
大隣憲司
今村猛
澤村拓一
森福允彦
涌井秀章

プロ野球の前後の記事

ページトップ