ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

2016年までの長期契約を手にした、
「危機感の男」酒井高徳の急成長。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/01/29 11:10

2016年までの長期契約を手にした、「危機感の男」酒井高徳の急成長。<Number Web> photograph by AFLO

シュツットガルトへの完全移籍が発表されたのは1月10日。この移籍でシュツットガルトが新潟に120万ユーロを支払ったとの報道も。

酒井が抜けていた2試合、連敗しているチーム状況。

 このときばかりは、常に危機感を持っている男も、「ホッとしますよね」と表情をゆるめた。

「1年半のレンタルでも、完全移籍が決まるまでは安心できない位置にいるという思いが確かにありました。報道とかで他のクラブからオファーが来ていたとか書かれていたみたいですけど、俺は知らないし、そもそもシュツットガルトから出ていくつもりはなかったので。全ては、シュツットガルトで他のビッグクラブが本当に欲しがるくらいの活躍をしてからだと思っていたのでね。今は、このクラブのみんなと一緒にやれることに喜びを感じているんですから」

 チームは幸か不幸か、2013年に入ってからの2試合に連敗。今シーズン、監督は酒井を右サイドバックとして考えているが、代わりにプレーしていたルディガーも、特筆すべきパフォーマンスは見せられなかった。だからこそ、出場停止処分があけたあと、スタメンに復帰するチャンスが広がっている。

 長期の契約を勝ち取ったことからも明らかなように、酒井はシュツットガルトから確かな評価を受けている。あとは、それに見合った活躍を続けられるかどうか。そこに未来がかかっている。酒井が常に抱いている危機感は、きっと自らを成長させてくれるはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3
シュツットガルト
酒井高徳
クリスティアン・モリナーロ
ブルーノ・ラバディア
アントニオ・ルディガー

海外サッカーの前後の記事

ページトップ