日本代表、2014年ブラジルへBACK NUMBER

「勇気とバランス」をスローガンに!
ザックが2つの言葉に込めた真意。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2013/01/06 08:01

「勇気とバランス」をスローガンに!ザックが2つの言葉に込めた真意。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

2013年のザックジャパンは2月6日の親善試合、ラトビア戦で始まる。早ければ、3月26日のヨルダン戦でW杯出場が決定する可能性もある。

アジア杯の韓国戦の前に練習をオフにした理由。

 ピッチ内にとどまらず、ピッチ外でもザッケローニはこの言葉を重視している。

 たとえばメンタル面。これもアジアカップでのことだが、韓国戦の2日前に練習をオフにしたことがあった。ライバルとの一戦を控えて“気負い過ぎ”を懸念したからに他ならない。

 指揮官はこう言っている。

「私がハッパをかけなくても、この試合の重要性を選手たちは心得ている。こういった状況において監督は何をすればいいか。モチベーションが高くなりすぎると、ナーバスになってミスを招くこともある。バランスの取れた精神状態にしておかなければならない」

 ここでも「バランス」が登場してくることが興味深い。

2014年のブラジルW杯に向け、「勇気とバランス」の両者に磨きを。

「勇気とバランス」はチームにすっかり定着してきた。指揮官は「アウェーで戦うときに大事になるのは勇気」と常々語ってきたが、10月にはフランスにサンドニで勝利を収め、11月のアウェー、オマーン戦でも終盤に決勝点を挙げて2-1で勝利している。

「選手たちは勇気を正しく出してくれた。これも成長の証だと言える」

 ザッケローニはそう言って、手ごたえを口にした。

 2013年の日本代表は、ブラジルW杯アジア最終予選の残り3試合を戦い、6月にはブラジル、イタリア、メキシコら強豪と同組に入ったコンフェデレーションズカップも待ち受けている。W杯を翌年に控える大事な1年で、「勇気とバランス」にさらに磨きをかけていくことになるだろう。

 イタリア語で「勇気」を表す「Coraggio(コラッジョ)」には勇敢、頑張りという意味がある。「バランス」を表す「Equilibrio(エクイリーブリオ)」には冷静な判断という意味も含まれている。ザッケローニは2つの側面をこれからもチームに求め、理想形へと近づけていくことだろう。

関連記事

BACK 1 2 3
アルベルト・ザッケローニ
伊野波雅彦
長谷部誠

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ