SCORE CARDBACK NUMBER

摩訶不思議なAFCと
日本はどうつきあうか。
~世界化を阻むアジアサッカーの壁~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2010/05/29 08:00

摩訶不思議なAFCと日本はどうつきあうか。~世界化を阻むアジアサッカーの壁~<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

国際Aマッチデーに行なった対バーレーン戦。岡崎慎司と本田圭佑が得点して2-0で勝利

 いまひとつ盛り上がりに欠けるワールドカップの、さらにその陰で、来年1月にカタールで開催されるアジアカップの組み合わせが、ひっそりと決まっていたのをご存じだろうか。

 グループBに入った日本の同組は、対戦順にヨルダン、シリア、サウジアラビア。4年に一度、大陸王者を決めるアジア最大の大会にしては、何とも物足りない、地味な組み合わせである。

 元々、上位の8カ国程度とそれ以外とでは力の差があり、決してレベルが高い大会とは言えないアジアカップ。そのうえ、今回から「AFCチャレンジカップ」なる不思議な制度まで導入されてしまったのだから、もはや大会の権威も何もあったものではない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 607文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

32カ国が語るW杯の論点。

Sports Graphic Number 754

32カ国が語るW杯の論点。

 

関連記事

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ