野ボール横丁BACK NUMBER

即渡米してメジャーへ到達した男。
田澤純一の今季に注目せよ! 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/01/07 10:30

即渡米してメジャーへ到達した男。田澤純一の今季に注目せよ!<Number Web> photograph by Getty Images

メジャー屈指の育成システムを持つボストン・レッドソックスで育てられた田澤。不運なヒジの故障もあったが、手術成功後のリハビリも順調で、完全復帰してからは術前よりも威力のある球が投げられるようになったという。

 違和感がある。

 花巻東の大谷翔平の日本ハム入りが決まり、球界全体としては、よかった、よかった、という雰囲気が流れている。アメリカのマイナーリーグの環境は過酷すぎる。日本の育成プログラムの方がしっかりしているのだから。それで正解だ、と。

 そんな空気に対してである。

 先日、Number本誌でレッドソックスの田澤純一を取材した。

 そう、改めて、田澤がいるではないかと思ったのだ。

 田澤は昨シーズン、開幕こそマイナーからスタートしたものの、夏場からセットアッパーとして頭角を現し、37試合に登板して防御率1.43という好成績を収めた。その抜群の安定感から、今季は抑えを任されるのではないかとも言われている。

 入団2年目は右ひじ手術のリハビリで棒に振ったことを考えれば、「横浜商大高卒→新日本石油ENEOSで4年」という経歴の選手が、実質的に3年でここまで来たのだから、ひとまず「成功」と言っていいのではないだろうか。

ドラフト1位指名の逸材なら即渡米でも成功は確実!?

 日本ハムが大谷を説得する際に用いた『大谷翔平君 夢への道しるべ』と題された資料が球団ホームページで公開されている。

 そこにはNPBを経由せずにアメリカへ渡り、夢破れた、あるいは挑戦中の50余名の日本人選手たちの名前がずらりと並んでいる。その資料を見せつけられると、一瞬、やはりマイナーは厳しいところなのだと錯覚しそうになる。だが、見落としてはならないのは、彼らの多くが日本のドラフト会議で指名漏れした選手でもあるという事実だ。

 日本のプロ野球でさえドラフト5位、6位で指名を受けた選手が大成する例はまれなのである。それを考えたら、国内の何倍も競争率の高いアメリカで、しかも、ただでさえ言葉や習慣の壁がある中、50人中1人も成功者が出なかったとしても決して不思議な話ではない。

【次ページ】 大谷の参考になるのは田澤と多田野のふたりくらいか。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

田澤純一
ボストン・レッドソックス
大谷翔平
北海道日本ハムファイターズ
多田野数人

MLBの前後のコラム

ページトップ