Jリーグ万歳!BACK NUMBER

今季Jリーグのキーワードは“縦”!!
ポジションレス時代に呼応する新世代。 

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/01/05 08:01

今季Jリーグのキーワードは“縦”!!ポジションレス時代に呼応する新世代。<Number Web> photograph by AFLO

広い視野に裏付けされた展開力とともに、無回転のミドルも併せ持つ広島のボランチ、青山敏弘。2012年Jリーグベストイレブンに初選出された。

森本貴幸の“大化け”にザッケローニも期待を寄せる。

 そして最後に、FWである。柴崎と同様、大迫についてはこのコラムで何度もそのポテンシャルについて触れてきたので割愛したい。個人的には、昨シーズンの1年を見る限り、FWとしての完成度は国内で最も高いと感じている。何より彼も、縦に仕掛けようとする意識の強さが成長を促しているように思う。

 それからもう一人、忘れられがちだがひそかに期待しているのは、昨年末時点でイタリアのカターニャに所属している森本貴幸である。

 15歳でデビューを果たしたかつての中学生Jリーガーも、今や24歳。出場機会を得るべくJリーグ復帰の噂もあるが、果たして――。

 恵まれた体格と身体能力、駆け引きのうまさとセリエAで揉まれた経験、相手の背後に飛び込むセンスと、味方の“縦への意識”を引き出すポストワークの技術……。何より、あれだけ強いゴールへの執着心を持つ生粋のストライカーは、万能型が求められる現代サッカーにおいては珍しい。もちろんザッケローニも、まだ彼の大化けに期待していると思うのだが。

「縦に仕掛けられるか」は、選手はもちろん、チームを見る上でも一つの指針となる。いよいよ幕を開けたW杯前年の2013年は、この言葉をキーワードにして考察を深めたいと思う。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

吉田麻也
栗原勇蔵
近藤直也
吉田豊
青山敏弘
サンフレッチェ広島
鹿島アントラーズ
柴崎岳
セレッソ大阪
京都サンガF.C.
中村充孝
駒井善成
森本貴幸
清水エスパルス
山口蛍

Jリーグの前後のコラム

ページトップ