フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

男女でNHK杯を上位独占した日本勢。
GPファイナルは男子6人中4人進出! 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAP/AFLO

posted2012/11/27 11:00

男女でNHK杯を上位独占した日本勢。GPファイナルは男子6人中4人進出!<Number Web> photograph by AP/AFLO

NHK杯で初優勝を飾った羽生。GPファイナルが行われる期間中の12月7日は18歳の誕生日となる。

名匠の振り付けで今季SP女子最高点を出した浅田真央。

  一方女子も、予想通りトップ2スポットを日本選手が独占。優勝した浅田真央、2位となった鈴木明子とも、GPファイナル進出を決めた。

  浅田はSP「アイガット・リズム」で、今季の女子最高スコアを叩き出した。長年彼女を見守ってきた振付師ローリー・ニコルが、夏の間一時スランプに陥った浅田に「人生とスケートを楽しむ心を、もう一度見つけて欲しい」と願って振付けたという肝いりの作品。浅田真央という選手の持つ愛らしさが存分に引き出された、さすが名匠ならではのプログラムである。

  フリー「白鳥の湖」では、出だしのジャンプからいきなり2回転になるという不調な演技だったが、総合で逃げ切ってトップを保った。だが本人は少し固い表情でこうコメントした。

「今回の結果でファイナルにいけることは、すごく良かったです。でも今日のフリーでは練習してきたことが出せなかったので、すごく悔いが残っています。ファイナルの舞台のソチでは、今日のような失敗がないようにしっかりと練習をして、それをぶつけたいです」

ソチ五輪を目指すかは未定だが……滑りの質が上がった鈴木明子。

  その浅田に総合で0.05差まで追い迫ったのは、SP5位だった鈴木だった。

  フリーのシルク・ド・ソレイユ「O」は、最初から最後まで音楽の流れにのって、ジャンプもほぼノーミスの、素晴らしい演技だった。

「自分の最低ラインが上がったと思っています。これからもっとステップアップしていける。良い経験になりました」

  以前から音楽性の高さは定評があった鈴木だが、今季からさらにスケーティングの質が向上し、より滑りが滑らかになった。この夏、デトロイトでアイスダンスのスケーティングコーチの指導を受けてきたのだという。

「その先生のレッスンを受けたら、エッジがつかめたというか、乗る一点のポイントがつかめた気がした。日本に帰ったら、先生たちにもスケーティングが変わったねと言われました」

  今シーズン中に、おそらく5コンポーネンツが8点台に到達するだろう。

  ソチ五輪を目指すかどうかはまだ決めていないという彼女だが、GPファイナルで五輪会場に行って気持ちが前向きに盛り上がってくれることを願いたい。

【次ページ】  特に男子は、まったく予想不可能なGPファイナル。

BACK 1 2 3 NEXT
羽生結弦
町田樹
小塚崇彦
浅田真央
パトリック・チャン
鈴木明子
アシュリー・ワグナー
ハビエル・フェルナンデス
ユリア・リピニツカヤ
高橋大輔
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ