詳説日本野球研究BACK NUMBER

東洋大と東海大の強さが際立った、
全日本大学野球選手権を総括する。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/06/16 10:30

東洋大と東海大の強さが際立った、全日本大学野球選手権を総括する。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

2011年のドラフト目玉候補同士の投げ合いとなった決勝は、東洋大・藤岡貴裕投手(3年)が5安打9奪三振の完封劇を見せた

打ってよし、走ってよしの首位打者、東海大・伊志嶺。

 首位打者の伊志嶺も期待通りのバッティングをした。長野久義(巨人)の立ち位置と同じくらいベースから離れて構え、オープンスタンスからインステップしてボールを捉えにいくのだが、ステップはけっして急がない。「ゆったり足を上げて、出して」という安定して打つ絶対法則をモノにしているのだ。

 脚力も紹介すると、全力疾走の基準「一塁到達4.29秒未満」を計測した9打数中4回クリアしている。圧巻は2つのバントのとき記録した3.65秒、3.72秒で、一塁到達に不利な右打者のものとしては驚異的と言ってもいいだろう。

今大会の個人的ベストナインを紹介。

 最後に今大会のベストナインを独断と偏見をまじえて紹介する。

    (投) 菅野智之(東海大3年)……スピード、変化球とも文句なし
    (捕) 眞砂将広(東北福祉大3年)……強肩にさらに磨きがかかる
    (一) 大野裕太(東海大4年)……好守と意外性のある打撃がいい
    (二) 吉川佳祐(東海大2年)……緩急に対応できる高い技術をもつ
    (三) 鈴木大地(東洋大3年)……菅野から右中間フェンス直撃打
    (遊) 阿部俊人(東北福祉大4年)……佛教大・大野から2安打
    (外) 伊志嶺翔大(東海大4年)……長野(巨人)に匹敵する3拍子
            坂井貴文(東洋大4年)……長打力備える1番打者は好守も
            秋山翔吾(八戸大4年)……左腕を苦にしない懐の広さが魅力
    (指) 竹内一真(慶大4年)……反動ゼロでコンパクトに打ち分け

 投手は他に塩見貴洋(八戸大4年)、中根佑二(東北福祉大3年)、福谷浩司(慶大2年)、藤岡貴裕(東洋大3年)、東明大貴(桐蔭横浜大3年)、藤井貴之(同志社大4年)、大野雄大(佛教大4年)が光っていた。

関連記事

BACK 1 2

大学野球の前後の記事

ページトップ