フットサル日本代表PRESSBACK NUMBER

サッカー日本代表が辿った道程へ。
フットサルW杯の健闘が残したもの。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byKenzaburo Matsuoka/AFLO

posted2012/11/12 11:35

サッカー日本代表が辿った道程へ。フットサルW杯の健闘が残したもの。<Number Web> photograph by Kenzaburo Matsuoka/AFLO

敗退が決まり、観客席に向けて挨拶を繰り返していた“SAMURAI5”のメンバーたち。「後悔はない。でも『もっとこっちだ!』という声をかけられなかった。ピッチでチームを引っ張れないもどかしさがありました」とコメントしたカズ。

「リスペクトを受けられる敗戦だと思う」

 ウクライナの選手、スタッフと握手し、観衆の拍手にこたえた日本の選手たちが、ピッチの中央に集まった。スタッフも加わり、円陣が組まれる。ロドリゴ監督が、今大会最後のメッセージを送る。

「私の母国スペインには、敗れるにしても相手にひざまずくのではなく、立ったまま敗れるという考えがある。今日の前半はウクライナにひざまずいたが、後半は立ちあがって男らしく戦い抜いた。リスペクトを受けられる敗戦だと思う。我々は素晴らしい仕事を成し遂げたんだ」

 史上初の決勝トーナメント進出を果たしたことで、今後は目標設定が上がる。世界の16強は、すでに到達した高みだ。「歴史的」とか「快挙」といった表現は、もはや使われない。

 次代のチームに課せられたハードルは、個人と組織を逞しくする。サッカー日本代表やなでしこジャパンがかつて辿った道のりへ、フットサル日本代表もついに踏み出した。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ミゲル・ロドリゴ
星翔太
小曽戸允哉
北原亘
稲葉洸太郎
冨金原徹
森岡薫
村上哲哉
小宮山友祐
木暮賢一郎

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ