フットサル日本代表PRESSBACK NUMBER

サッカー日本代表が辿った道程へ。
フットサルW杯の健闘が残したもの。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byKenzaburo Matsuoka/AFLO

posted2012/11/12 11:35

サッカー日本代表が辿った道程へ。フットサルW杯の健闘が残したもの。<Number Web> photograph by Kenzaburo Matsuoka/AFLO

敗退が決まり、観客席に向けて挨拶を繰り返していた“SAMURAI5”のメンバーたち。「後悔はない。でも『もっとこっちだ!』という声をかけられなかった。ピッチでチームを引っ張れないもどかしさがありました」とコメントしたカズ。

日本のパワープレーで、後半、一気に流れが変わる!!

 後半の9分、木暮のシュートを森岡薫が胸で押し込み、日本は追撃態勢に入る。1点を返したわずか20数秒後、森岡が右サイドからニアをブチ抜く。ズドンと音がするようなパワフルショットだ。

 ウクライナがタイムアウトを取るが、わずか1分間のインターバルは、日本の勢いを止めることにつながらない。なおもパワープレーを繰り出す日本は、後半11分、村上哲哉と小曽戸が右サイドから相手を揺さぶり、北原がフリーでプッシュした。3点差まで詰めてきた。

「ポルトガル戦のような雰囲気が漂った」とロドリゴ監督は言う。後半だけで3点をあげた猛追を思い出したのは、スペイン人指揮官だけではなかったはずだ。

 観衆のテンションは、すでに沸点に達している。日本がシュートを打つたびに、歓声が超高速でスタンドを駆け巡る。

 それが、ウクライナを慌てさせる。

 それが、日本を勇気づける。

最後の最後までウクライナのゴールを襲い続けたが……。

 この11日間で4試合目となる連戦の疲労に、逸見と高橋の欠場、稲葉の退場が重なり、各選手のフィジカルコンディションは限界に近づいていたはずである。「正直、疲労はありました」と、小宮山友祐は明かす。だが、守備要員としてパワープレーの時間作りに力を注いだ彼は、「自分ができることは、みんな出し切ったと思うし、ミスもあったけど全員が必死に、魂をこめてプレーした」と続ける。

 残り時間が3分となった後半17分、村上の右足シュートが右ポストを叩く。木暮の一撃が相手GKの好守に阻まれる。大会屈指と言ってもいい日本のパワープレーが、この日も対戦相手を追い詰める。

 残り時間が2分を切る。あと、3点……。

 残り時間が1分を割る。もう、3点……。

【次ページ】 「リスペクトを受けられる敗戦だと思う」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ミゲル・ロドリゴ
星翔太
小曽戸允哉
北原亘
稲葉洸太郎
冨金原徹
森岡薫
村上哲哉
小宮山友祐
木暮賢一郎

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ