フットサル日本代表PRESSBACK NUMBER

サッカー日本代表が辿った道程へ。
フットサルW杯の健闘が残したもの。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byKenzaburo Matsuoka/AFLO

posted2012/11/12 11:35

サッカー日本代表が辿った道程へ。フットサルW杯の健闘が残したもの。<Number Web> photograph by Kenzaburo Matsuoka/AFLO

敗退が決まり、観客席に向けて挨拶を繰り返していた“SAMURAI5”のメンバーたち。「後悔はない。でも『もっとこっちだ!』という声をかけられなかった。ピッチでチームを引っ張れないもどかしさがありました」とコメントしたカズ。

逸見、高橋、稲葉……コートから消えていく選手たち。

 12分に4点目を決められ、14分には退場者を出す。

 CK後のカウンターをファウルで止めた稲葉洸太郎に、レッドカードが突きつけられたのだ。

 フィールドプレーヤーがひとり少ないなかで戦う2分間のペナルティをしのぎたいが、あっという間に5点目を献上してしまう。

 この日の日本は、攻撃のキーマンとなる逸見勝利ラファエルを出場停止で欠いている。ポルトガル戦で右眼を負傷した高橋健介も、ベンチ入りしているもののユニフォーム姿にはなれない。

 さらに加えて、稲葉の一発退場である。ロドリゴ監督の戦略は狭まるばかりで、フィールドプレーヤー一人ひとりにかかる肉体的な負担も増大していく。

 前半の20分が終了したとき、アリーナの電光掲示板のスコアは0-6となっていた。

 前半早々の失点でリズムを乱すのは、グループステージ第2戦のポルトガル戦に酷似する。

 繰り返された過ちを引きずるのか。

 今回も追いつこうと気持ちを奮い立たせるのか。

 その答えは、ロッカールームから戻ってきた彼ら自身が示していた。表情には精気がある。瞳には闘志が浮かぶ。

 木暮賢一郎が話す。

「前半から切り替えて、後半の20分で追いつこうと強い気持ちで臨みました。下を向かずに戦う姿勢を示して、必ず追いつこうと」

地元タイの観衆も沸かせた、日本お得意の“パワープレー”。

 後半開始直後の2分、マイボールとした日本は早くもパワープレーを仕掛ける。

 ボールを失った際にピッチへ戻るGKも、レギュラーの川原永光ではなく冨金原徹が起用される。「機動力が高い冨金原のほうが交代はスムーズだし、GKからのスローも期待できる」というのがロドリゴ監督の狙いだ。

 マイボールになるたびに冨金原が下がり、小曽戸がGKのユニフォームを着て登場するパワープレーは、日本のサポーターだけでなく地元タイの人々をも惹きつけた。日本が立て続けに放つシュートが、3579人の観衆を沸かせる。

【次ページ】 日本のパワープレーで、後半、一気に流れが変わる!!

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ミゲル・ロドリゴ
星翔太
小曽戸允哉
北原亘
稲葉洸太郎
冨金原徹
森岡薫
村上哲哉
小宮山友祐
木暮賢一郎

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ