野球クロスロードBACK NUMBER

ソフトバンクの短期決戦と言えば?
“持ってる男”森福允彦への信頼感。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/10/16 12:10

ソフトバンクの短期決戦と言えば?“持ってる男”森福允彦への信頼感。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

昨年の日本シリーズ第4戦で見せた「森福の11球」を彷彿とさせる投球内容で、今季のCSファーストステージ第1戦、第3戦において見事に投げきった。

“やめてくれ……”

 一塁側ブルペンで待機していた森福允彦は、心のなかでそう呟いていた。

 10月13日クライマックスシリーズ(以下CS)、西武とのファーストステージ初戦。2対0とソフトバンクのリードで迎えた9回、火消し役でマウンドに上がったファルケンボーグが、まさかの大誤算となった。

 先頭の中村剛也を四球で歩かせると、続くオーティズには二塁打、ヘルマンにも四球を与え、無死満塁と逆転サヨナラの大ピンチ。たまらず、秋山幸二監督がベンチを出る。

 ピッチャー、森福――。

「まさか出番が来るとは思いませんでした。『やめてくれ』とは思っていましたけど、ブルペンにいたときからコーチに『バックアップしてくれ』と言われていたので、いつでも行ける準備はしていました」

わずか9球……冷静なマウンドさばきでチームの危機は去った。

 マウンド上では、いつものルーティンを淡々とこなす森福の姿があった。

 右足を少し、ふらっと上げ、左腕を垂直に伸ばしてひじを曲げる。そしてもう一度、右足を上げ、腰を左側に捻り、セットポジションからゆったりとした投球モーションに入る――。

 1人目の打者である代打のカーターを、1球でショートゴロに打ち取る。この間に1点を奪われたものの、「2点差だったので、『1点はOK』という意識でした」と本人が言っていたように動揺しているそぶりは微塵もない。

「あれは大きかった」

 森福が手応えを掴んだのは、続く上本達之との対戦だ。

 外野フライで同点のこの場面、森福は三振を奪うつもりで内角高めのボールで相手を意識付けさせ、外角高めで勝負する。結果はショートフライだったが、得点を与えないだけでも十分だった。

 最後の打者となる代打の高山久をセンターフライに仕留め、わずか9球で試合を締めくくる。森福の冷静なマウンドさばきがチームの窮地を救ったのだ。

【次ページ】 この日のマウンドで思い出していた、あの日。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

福岡ソフトバンクホークス
森福允彦
埼玉西武ライオンズ
中村剛也

プロ野球の前後のコラム

ページトップ