なでしこジャパンPRESSBACK NUMBER

女子サッカー界の大スターを止めろ!
ブラジル戦、なでしこの脅威を分析。 

text by

河崎三行

河崎三行Sangyo Kawasaki

PROFILE

photograph byNoriko Hayakusa/JMPA

posted2012/08/03 12:10

女子サッカー界の大スターを止めろ!ブラジル戦、なでしこの脅威を分析。<Number Web> photograph by Noriko Hayakusa/JMPA

ブラジル戦ではFWのマルタやクリスチアーニらをどう止めるかが鍵となる。CBの岩清水(写真中央)、ボランチの阪口(写真左)らの、より一層の奮起が期待される。

ブラジル戦は、なでしこの守備陣3人の試練となる。

 日本としては、いかにマルタに自由にボールを持たせないかが、ブラジル戦での最大のテーマになることだろう。

 単純な速さで彼女に勝てる選手は日本にいないのだから、競り合いの際は巧みに体を当てるなり、複数選手でプレスに行くなり、あらゆる手段を使って対処したいところだ。

 マルタがボールを持ってアタックに移った時、周囲のブラジル人選手は彼女を信じて一斉に前掛かりになる。だとするとマルタからボールを奪えれば、その時日本はまたとないカウンターのチャンスにあると言える。

 準々決勝では、なでしこの守備陣、ことに下がり目のボランチの阪口夢穂、センターバックの岩清水梓、熊谷紗希の三人vs.ブラジルの命運を握るマルタのせめぎ合いに、ぜひ注目していただきたい。

ブラジルの急なフォーメーションの変更も気になるが……。

 今五輪のブラジルは、再び慣れ親しんだ3バックに戻している。4バックではあまりに穴が多かったので、おそらく時代に即したアップデートよりも、戦い慣れた守り方という“実”を取ったかもしれない。ということは、右の宮間、近賀、左の川澄、鮫島(あるいは矢野が先発するかもしれないが……)が、敵陣両サイド深くに広がるスペースをどんどん突いていけるわけだ。また、そうした再三のサイド攻撃が“まき餌”となれば、大儀見、大野、澤あたりのパス交換による中央突破という、往年の男子ブラジル代表を彷彿させる崩しも活きる。

 ただ、対するブラジルもサイドアタックを糸口に敵を攻略しようとしているわけで、この試合は両タッチライン沿いでの主導権争いも勝負の明暗を分ける鍵のひとつなのかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3
佐々木則夫
ジョルジェ・バルセロス
クリスチアーニ
阪口夢穂
岩清水梓
熊谷紗希
マルタ
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ