メディアウオッチングBACK NUMBER

決して飽きることがない
大リーガーのイチロー。
~10年分のインタヴューを読んで~ 

text by

向井万起男

向井万起男Makio Mukai

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2010/05/23 06:00

決して飽きることがない大リーガーのイチロー。~10年分のインタヴューを読んで~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『イチロー・インタヴューズ』 石田雄太著 文春新書 952円+税

モットーは「他人に厳しく、自分に甘く」?

 さて、『イチロー・インタヴューズ』。著者が約10年の間にイチローにインタヴューした内容が時系列的に並んでいる。こうしてまとめられたものを読んで、私が感じたことを正直に言うと、“この人は普通の人だ。でも、実に賢い人なんだ”ということになる。だって、こんなことを言っているんですよ。「一番苦しいと感じるのは、できるのにできないということ」とか、「去年、行き着いた一つの答えは、プレッシャーを克服する方法なんて、結局はないんだ、ということです」。

 その一方で、或る時は「イチローという選手に対する見方は、僕が一番厳しかったということ」なんて言っておきながら、或る時は「僕のモットーは『他人に厳しく、自分に甘く』。これが基本的なコンセプトですから(笑)」なんて言っているあたりも実にイチローらしい。人を煙に巻くというか、会話によるエンターテインメント術を心得ている。

 イチローのこの賢さと技を知っているのが日本人だけというのでは惜しい。……髭で有名なジェームズ・リプトンが映画人にインタヴューするテレビ番組のようなものにイチローが出て本領を発揮する姿を見てみたい、と私は思うけど。

『イチロー・インタヴューズ』

「Amazon」で購入

文春新書

『イチロー・インタヴューズ』

~スーパースターが語り尽くした100時間~

2000年秋、メジャー行きこそ決定したものの所属球団が未定の時点で、期待と不安が入り交じった気持ちの告白。数多(あまた)の記録の樹立。絶不調の中、自らのバットで決めたWBC連覇。そして10年目のシーズンを迎える2010年の抱負まで──。9年半に及ぶスーパースターのすべてがここに語られています。

<本体1,200円+税/石田雄太・著>

書籍紹介ページへ(文藝春秋BOOKS)

関連記事

BACK 1 2
イチロー

MLBの前後の記事

ページトップ