SCORE CARDBACK NUMBER

45歳まで投げるために。
渡米4年目、松坂の変身。 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2010/05/24 06:00

45歳まで投げるために。渡米4年目、松坂の変身。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

この日6回途中5安打5失点で降板した松坂。松井秀喜に対しては、3打席無安打に抑えた

 勝っても、笑わなかった。メジャー4年目を迎えたレッドソックスの松坂大輔が、今季2試合目の先発で初勝利を挙げた。松井秀喜が新加入したエンゼルス相手に、初回に制球難で4点を許しながらも打線の援護で逆転し、白星を手に入れた。「先発なので、勝ちが付いたのは素直に喜びたいですね」。口ではそう言ったが、内容が伴わない目先の1勝だけで笑うわけにはいかなかった。

 '07年、レッドソックスが約100億円を投資して獲得した松坂も、昨季は股関節痛などの相次ぐ故障で、過去最低の4勝に終わった。そこで、オフ期間には徹底的な肉体改造に着手。同僚のペドロイア、エルスベリーらの紹介もあり、アリゾナ州内のトレーニング施設で初の海外自主トレを行なった。ただ、松坂はプロ入り直後のように、屈辱を晴らす「リベンジ」に固執していたわけではない。むしろ、中長期的な視点で自らの体や内面と向き合っていた。「今年だけのために練習しているわけではありません。長くやるための土台になればと思っています」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 499文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

32カ国が語るW杯の論点。

Sports Graphic Number 754

32カ国が語るW杯の論点。

 

関連記事

松坂大輔
ボストン・レッドソックス

MLBの前後の記事

ページトップ