欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

グアルディオラは有終の美を飾るか?
最終試合はビルバオとの国王杯決勝。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/05/24 10:31

グアルディオラは有終の美を飾るか?最終試合はビルバオとの国王杯決勝。<Number Web> photograph by AFLO

昨秋のアスレティック・ビルバオvs.バルセロナ戦、試合前の光景。グアルディオラは以前からビエルサを尊敬しており、「私はビエルサ監督を本当に尊敬している。彼から学ぶことは非常に多い」と語っている。

シーズン最後の一戦がシーズン最高の試合になる。

 しかしバルサを破り、この国王杯のタイトルを取ることができれば、それを変えることができる。ジョレンテはいう。

「EL決勝でもアトレティコに敗れてしまったし、僕らはサポートしてくれたファンに大きな借りがある。最高の応援をしてくれた彼らに、最後に喜びを与えたい」

 最前線でプレッシングをスタートする彼は、それこそがバルサと対戦する際の鍵だという。

「できるだけ高い位置でボールを奪い返すこと。そうすればバルサはいつものワンタッチのサッカーができなくなる。相手はバルサだし簡単じゃないけれど、僕は勝てると思っている。実際にそんなサッカーをサン・マメスでやることができたんだから」

 地元メディアは、アビダル、プジョル、ダニエウ・アウベスと、バルサの最終ラインに続出する負傷者の数は、ジョレンテやムニアイン、スサエタのビルバオ攻撃陣にとっては有利としている。

「負けるのを怖がる両チームじゃない。よくある、つまらない決勝には絶対ならないよ。見ている人はきっと楽しむはずだ」とジョレンテが予想するように、カルデロンでの90分間はスペクタクルに満ちたものになるだろう。

 その日、グアルディオラのためにバルサはパスをまわし、追い求めたサッカーのためにビルバオは走る。シーズン最後の一戦がシーズン最高の試合になる可能性も、十分にある。

関連記事

BACK 1 2 3
バルセロナ
ジョゼップ・グアルディオラ
アスレティック・ビルバオ
マルセロ・ビエルサ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ