野球善哉BACK NUMBER

あえて注目したい敗戦処理の投手達。
小野淳平、高橋秀聡、鶴直人らの志。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2012/04/09 12:40

あえて注目したい敗戦処理の投手達。小野淳平、高橋秀聡、鶴直人らの志。<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

2009年度のドラフトで、巨人に5位指名された小野淳平。最速150キロに迫る直球が評価されていたのだが、2010年は故障で二軍。2011年にはプロ初勝利をあげたが2勝止まりで……今季は勝負の年になる。

久保の流れを受けて活躍した、西村健太朗の逆襲。

 久保のこのポジションを、昨季の序盤に務めていたのが西村健太朗だった。西村は2010年に開幕ローテーションに入りながらも、シーズン途中で失速。その後のシーズンの多くを二軍で過ごしていた。そして2011年、シーズン序盤の西村の立場は、2010年の久保同様、崖っぷちともいえるものになっていた。

 ところが、敗戦処理や大差のリードでの登板で快投を続けていくと、次第に首脳陣の評価を得ていった。7月に入って先発のチャンスをモノにすると、ローテーションの一角に見事割り込むことに成功。シーズンが終わってみると、自身最多となる7勝を挙げ、防御率1.82の成績。今季はチーム事情でクローザーを務めているが、昨季の今頃の立場を考えると、よく這い上がったと思う。

「0に抑えることだけ考えています。少しでも勝利に貢献できるよう」

 久保・西村という“成功例”に範をとった巨人は、今季、その同じ役目に3年目の小野淳平を置いている。昨年、プロデビューと初勝利を果たした小野は売り出し中の右腕だ。先発ローテーションとしても期待をかけられているが、今は投手として微妙なこの位置から虎視眈々と出場機会をうかがっている。

「0に抑えることだけ考えています。少しでも、勝利に貢献できるようなピッチングをしていきたい」

 小野もまた、久保や西村、また、金澤らが当時に口にしていたのと同じように「0に抑えるだけ」と口にした。

 当然、欲はあるだろう。しかし、余計な皮算用をするよりも、目の前の一戦、目の前の打者に全力で挑む覚悟でシーズンに臨んでいる。

 小野に、単刀直入に聞いてみた。久保・西村を追えば良いのではないか、と。

「僕が久保さんや(西村)健太朗さんみたいになるというのは、ちょっとおこがましいことかもしれません。ただ、与えられた役割でしっかり結果を残して、ステップアップしていきたいという気持ちはあります。少しでも勝利に貢献したいんです。今日も出番があれば頑張ります」

 4月6日の阪神戦を前に語ってくれた言葉なのだが、その日、マウンドに上がった小野は3分の1回をしっかり抑えた。

【次ページ】 チームの必勝パターンから外れても、存在感のある投手。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

小野淳平
久保裕也
西村健太朗
高橋秀聡
鶴直人

プロ野球の前後のコラム

ページトップ