野球善哉BACK NUMBER

あえて注目したい敗戦処理の投手達。
小野淳平、高橋秀聡、鶴直人らの志。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2012/04/09 12:40

あえて注目したい敗戦処理の投手達。小野淳平、高橋秀聡、鶴直人らの志。<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

2009年度のドラフトで、巨人に5位指名された小野淳平。最速150キロに迫る直球が評価されていたのだが、2010年は故障で二軍。2011年にはプロ初勝利をあげたが2勝止まりで……今季は勝負の年になる。

「勝利の方程式」が崩れそうになる時も、必ずある。

 オリックス・赤堀元之コーチは、このポジションについての見解をこう語る。

「うちでは勝ちゲームなら、平野・岸田がいます。怪我でもない限り、変わることはないでしょう。評価でいえば、高橋は勝ちゲームで投げる選手ではないのかもしれません。しかし、高橋も一軍にいるわけですから、チームとしては彼を評価しているということなんです。立場はなかなか変わらないかもしれませんが、試合を作り直すこともできますから、しっかりと抑えてほしい」

 赤堀コーチが言うように、12球団のチームの多くには「勝利の方程式」が確立されている。“方程式”が変わることはそうそう無いだろうが、しかし、シーズンの間には何が起こるか分からない。先発が崩れる時もあるだろう、あるいはローテーションに空きが出たり、“方程式”の投手にアクシデントが起こることさえあり得る。

 小野や高橋秀、鶴などのように、この位置を務める投手は各球団には必ずいる。それは高橋秀のようなベテランであったり、小野や鶴のような若手だったりと、そこに至る事情は投手によって様々だ。

 離脱中の久保も含めて、西村や金澤、増渕の数年前を思えば、この位置で投げる投手は無視できない。今シーズン中盤以降、崖っぷちの立場から逆襲を果たした彼らが、チームにとって不可欠な存在になっているかもしれないのだから。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

小野淳平
久保裕也
西村健太朗
高橋秀聡
鶴直人

プロ野球の前後のコラム

ページトップ