黄金世代、夢の行方BACK NUMBER

3度目のW杯出場に懸ける稲本潤一。
セルビア戦を冷静に振りかえると……。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2010/04/17 08:00

3度目のW杯出場に懸ける稲本潤一。セルビア戦を冷静に振りかえると……。<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

欧州で7つのクラブを渡り歩き欧州サッカーを知りつくす稲本。日韓W杯のベルギー戦、ロシア戦で得点した男でもあり、ドイツW杯でも玉田圭司のゴールを演出してもいるのだが

Jリーグで戦う稲本に3大会連続出場の朗報は届くか?

 最終テストは、終わった。

 これからは、Jリーグを戦いながら個々がどうW杯本番まで過ごしていくのか。それが焦点になる。

「まだ、選考があるからねぇ。どうなるんか分からないけど、個人的には、それなりのパフォーマンスは出来ているんで、不安は特にない。あるとすれば、怪我だけ。まだ、JリーグとACLと試合がけっこうあるからね。それに、5月というのは欧州のシーズンが終わる時期。今まで欧州の時間の中でサッカーや生活をしてきたんで、その時期に自分の身体に一気に疲れが出てくる可能性がある。だから、今は休める時はしっかり休んで、コンディションをしっかり維持していこうと思っている」

 歯切れよく語る表情には、オランダ遠征の頃にはなかった余裕も見え隠れする。ガーナ戦で息を吹き返して以来、常に招集されるようになり、代表の椅子を手元に届く距離まで手繰り寄せた。審判の日まで残り1カ月、試合に出続けながらコンディションを整え、3大会連続出場を決める運命の瞬間を待つ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
稲本潤一
南アフリカW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ