プロ野球亭日乗BACK NUMBER

統一球の真芯を右方向に強く打て!
坂本勇人の打撃が握る巨人の命運。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2012/02/07 10:30

統一球の真芯を右方向に強く打て!坂本勇人の打撃が握る巨人の命運。<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

2010年の31本から、昨季は16本とホームラン数も激減。オフにはプロ入り初の減俸を経験した坂本は、実り多きキャンプを過ごせるか

右方向に打つ“技術の引き出し”を開けられるか?

「今は特に右方向を意識する必要は感じていません。ただ、右方向に打てるというバッティングの技術は、引き出しとして持っていたい。その引き出しがあれば、自分の状態が悪くなったスランプのときとか、様々なシチュエーションで役立つと思っています」

 昨年のシーズン前にこう話していたが、結果的にはシーズン中にこの引き出しを開けることはできなかった。それはとりも直さず、まだ技術的に自分のものにできていなかったということなのだろう。

 今年の巨人打線は長野久義、阿部慎之助に新加入の村田を加えた3人でクリーンアップを組むことになる。この3人は昨年、統一球をそれほど苦にすることなく結果を残した。それだけに問題は、この3人の前でいかに走者を溜めることができるか。

 坂本が昨年、開けることができなかった引き出しのカギをどうやって手にできるか――それは今年の巨人にとっては、得点力アップのカギともなるはずなのである。

関連記事

BACK 1 2 3
読売ジャイアンツ
坂本勇人

プロ野球の前後の記事

ページトップ