Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<認め合う同級生エース> 松坂大輔×和田毅 「武蔵と小次郎の如く」 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki/Hideki Sugiyama

posted2010/04/08 10:30

<認め合う同級生エース> 松坂大輔×和田毅 「武蔵と小次郎の如く」<Number Web> photograph by Naoya Sanuki/Hideki Sugiyama

12年前の貴重なツーショット。この大会、松坂は決勝で無安打無得点試合を達成し、横浜が春夏連覇。和田の浜田高は準々決勝で敗退

プロ1年目で日本一に貢献し、和田は松坂と肩を並べた。

 大学に進んでからの和田はプロから高い評価を受けた。2003年、ホークスに入団。いきなり14勝を挙げて新人王を獲得した和田は、タイガースとの日本シリーズで第7戦の先発を任され、当時の松坂がなし得ていなかった日本一を勝ち取った。松坂にとっては思わぬ方向から現れたライバルだった。150キロを投げるわけでもないのにバッターが「速い」と言う。技巧派左腕だと思っていたのに、ここ一番では大胆にストレートを投げて空振りを取る。和田はいつしか、松坂世代の中で先頭を競って走る存在になっていた。

「僕には“松坂世代”の一人だって意識はありませんでした。でもあるとき、新聞に『松坂世代の和田』って書いてあって、ああ、僕もそういうふうに呼んでもらえるようになったんだと思って、あれは嬉しかったですね」

(続きは Number751号 で)

創刊30周年特別編集プロ野球 人間交差点 2010
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松坂大輔
和田毅

プロ野球の前後のコラム

ページトップ