野ボール横丁BACK NUMBER

ダルビッシュ移籍で斎藤佑樹が覚醒!?
早実の恩師が「今季10勝」を予想。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byMiki Fukano

posted2012/01/26 10:30

ダルビッシュ移籍で斎藤佑樹が覚醒!?早実の恩師が「今季10勝」を予想。<Number Web> photograph by Miki Fukano

昨年の春季キャンプでのダルビッシュと斎藤。ダルビッシュという日本球界史上屈指の投手と共に戦った数カ月は、斎藤に大きな影響を与えたことは間違いない

投球フォームの是非を論じてもしょうがないと語る恩師。

 また昨シーズン、斎藤はフォームのことで評論家などから散々酷評された。いわく、あの投げ方では勝てない、等々。

 だが、それに関し、和泉は実に真っ当な疑義を呈していた。

「野球はフィギュアスケートじゃないんだから。指先から離れたボールが打者に行くまでの話をどうこういうのはわかる。でも、それ以前の投げ方がどうこうという話は、あんまり意味はない気がする」

 先日、あるプロゴルファーが、こんな話をしていた。

「学生時代に活躍したプロゴルファーがプロに入ってあんまり活躍できないのは、日本のゴルフ界って、『プロに入ったら、こういうフォームで打たなきゃダメだ』みたいなのが多すぎるからだと思う」

 つまり、結果を出すことではなく、いいフォームで打つことが目的となってしまっているというのだ。それでは本末転倒だ。まさに、それでは「採点」競技になってしまう。

 だが、野球界にも少なからずそういう傾向はある。

 恩師の慧眼は、あなどれない。

エースが抜けた穴を斎藤は埋められるか?

 楽天の田中将大のプロ1年目のときも、それを実感した。田中が所属していた宝塚ボーイズの奥村幸治監督は、自主トレに付き合い「7勝はする」と言い切った。

 正直、そのときはずいぶんと高いハードルに思えたが、実際はそれを上回る11勝を挙げた。

 学生時代の恩師には、選手と密度の濃い時間を過ごしてきた者にしかわからない「直感力」のようなものがあるものなのだ。

 和泉は決して大口を叩くようなタイプではない。慎重の上にも慎重なタイプだ。

 その和泉が、今季の斎藤は「10勝する」と予想した。

 今、ダルビッシュとレンジャーズの契約が無事に結ばれ、誰よりも熱いものをたぎらせているのは斎藤かもしれない。

 だとすれば、その数字は決して夢ではない。

関連記事

BACK 1 2
斎藤佑樹
北海道日本ハムファイターズ
ダルビッシュ有
和泉実
早稲田実業高校

プロ野球の前後の記事

ページトップ