SCORE CARDBACK NUMBER

“困ったときの守道頼み”
地元主義でファンを呼ぶ。
~高木守道&権藤博コンビの強み~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byKYODO

posted2012/01/30 06:00

“困ったときの守道頼み”地元主義でファンを呼ぶ。~高木守道&権藤博コンビの強み~<Number Web> photograph by KYODO

“中日OB”で固めた新コーチ陣でセ3連覇と日本一奪回に挑む高木守道新監督(前列中央)

 8年間で5度の日本シリーズ出場を果たしながら、事実上の“解任”となった落合博満の後を受けて、中日の監督に就任したのは、70歳の高木守道。結果を残した監督の後任はやりにくくないですか、と尋ねると「形が出来ているチームの方が一から作り直すよりもやり易いじゃないですか」という答えが返ってきた。気負いもなく肩の力が抜けた姿勢に、枯淡の境地すら感じてしまう。

 岐阜商時代、センバツで準優勝を果たした高木は中日に入団すると、1年目から俊足・巧打の二塁手として活躍。通算2274安打を放った。代理監督を含めてこれまで2度、中日の監督を務め、“困ったときの守道頼み”と言われてきた。今回の就任も、落合解任をめぐる批判に対しての格好の風よけという声もあった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

高木守道
中日ドラゴンズ
権藤博

プロ野球の前後のコラム

ページトップ