濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

ヒョードルvs.石井慧は世間に届くか?
格闘技界の命運握る、大晦日決戦。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2011/12/19 10:30

ヒョードルvs.石井慧は世間に届くか?格闘技界の命運握る、大晦日決戦。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

11月3日に行なわれた『元気ですか!! 大晦日!! 2011』の記者会見。IGF会長で同大会ゼネラルプロデューサーを務めるアントニオ猪木(写真左)と笹原圭一DREAMイベントプロデューサーが顔を揃えた。当初はIGF対DREAMの対抗戦も構想されていたが、噛み合わないという理由で断念された

“近未来の世間”という新たなマーケットの開拓。

 ただし、アピールする対象としての“世間”は、これまでと同じではない。

 中継メディアはスカパー!とニコニコ生放送のPPV。その一方で同時間帯にスポーツ関連の特番を放送するTBSとの交渉も続いているが、こちらは苦戦しているようだ。また、ヒョードル出場によってロシア国営放送での生中継が決定し、アジア各国からのオファーもあるという。

 スポーツ新聞や雑誌での話題性を狙うのはこれまで通り。地上波で何試合かでも放送されればそれに越したことはない。だが同時に「テレビよりニコ生のほうが面白い」と感じているネットユーザー、あるいはUFCがまだ大会を開催していないアジアのファンにどれだけインパクトを残せるかの勝負でもある。

 大晦日、DREAMはネットユーザーやアジアマーケットといった“近未来の世間”にも勝負を仕掛けようとしているのだ。

関連記事

BACK 1 2
アントニオ猪木
エメリヤーエンコ・ヒョードル
石井慧

格闘技の前後の記事

ページトップ