Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

イビチャ・オシムが見たEURO予選 「列強のプライド、そして我が祖国が開く扉」 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2011/11/07 06:00

イビチャ・オシムが見たEURO予選 「列強のプライド、そして我が祖国が開く扉」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama
来年6月に開幕するEURO2012。予選ラウンドは全日程が終了し、後はプレーオフを残すのみとなった。グループDの最終戦、フランス対ボスニアが行なわれたパリには、イビチャ・オシムの姿があった。祖国ボスニアがフランスに挑んだこの一戦を中心に、今回の予選で見えた欧州の勢力図を、オシムが語る。

「パリを訪れるのは、ユーゴスラビア代表監督としてプラティニ率いるフランスと戦ったイタリア・ワールドカップ予選('89年4月29日)以来だから、22年ぶりのことだ」

 ワイングラスを前に、イビチャ・オシムは感慨深げに語った。

「当時は今と状況が逆で、ユーゴがフランスを勝ち点でリードしていた。グループで先行したのはスコットランドだったが、勝ち抜くのはユーゴかフランスのどちらかと見られていた。パルク・デ・プランスの試合は0対0の引き分けで、われわれはフランスにチャンスらしいチャンスを与えなかった。テクニックを誇示し過ぎたきらいはあったが、美しいサッカーを実践したのは間違いなかった」

 ボスニア・ヘルツェゴビナの協会幹部たちが宿泊する、パリ郊外、ヌイイ・シュル・セーヌにあるホテルのカフェ。実質的な協会会長として、同国代表団を率いて来仏したオシムは、数時間後に迫ったEURO2012予選ラウンド最終戦、勝者が本大会行きのチケットを手にするフランス対ボスニア・ヘルツェゴビナの一戦(引き分けの場合はフランスが予選突破)を前に、過去の記憶を甦らせていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3905文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

決戦秘話。~秋のプロ野球名勝負~
イビチャ・オシム

海外サッカーの前後の記事

ページトップ