プロ野球PRESSBACK NUMBER

CSの1stステージ、全4チームを分析。
鍵となる投手力にどう差が出るか? 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2011/10/29 08:02

CSの1stステージ、全4チームを分析。鍵となる投手力にどう差が出るか?<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

シーズン開幕投手の東野峻の復活に期待しているという原辰徳監督。東野に対しては「必死にもがいている。まぁまぁじゃないでしょうか」とコメントしているが……

「先発、中継ぎ問わず、『連投してくれ』と」小川監督。

 ヤクルトは、初戦にエースの石川雅規、2戦目は館山昌平の先発が濃厚だろう。だが、初めてCSに出場した'09年に、石川、館山、由規と先発三本柱を立てた結果、中日に敗れた苦い経験もある。

 だからこそ、巨人のお株を奪うわけではないにせよ、先発投手を中継ぎで投げさせる決断が小川淳司監督には求められてくる。

 指揮官自身、村中をリリーフ要員とすることを示唆しているが、昨年に中継ぎを務めた増渕竜義も加えるとより厚みが増す。

「毎日が切り替え。プレッシャーがかかっているからこそ、先発、中継ぎ問わず、ピッチャーには『連投してくれ』と言いました」

 シーズン終盤に小川監督は、投手陣にそう伝えた。その起用を、大一番であるポストシーズンで積極的に出すことができれば、大いに勝機は見出せるだろう。

ダルvs.涌井の第1戦より、第2戦の先発の方が重要になる。

 パ・リーグも実力が拮抗している。

 2位・日本ハムと3位・西武の対戦成績は12勝11敗1分。投手成績に関しても、対戦防御率が3.95と3.50と差はほとんどない。

 しかし、個人となると話は別だ。

 日本ハムは武田勝、ケッペル、ウルフの3投手が4点台。5年連続でシーズン防御率1点台をマークしたダルビッシュ有でさえ、3.94と打ち込まれている。

 一方で西武は、エースの涌井秀章、帆足和幸、石井一久が4点台だが、岸孝之が1.96、ベテランの西口文也に至っては0.53と抜群の数字を残している。

 これだけを見れば、西武が有利かに思えるが、一概にそうとも言い切れない。

 岸は防御率こそ安定しているものの0勝3敗と今季は一度も勝てていない。西口は2勝無敗で「日ハムキラー」ぶりを発揮しているが、ポストシーズン通算9試合で未勝利と、大舞台で力を示すことができていない。

 だからこそ、先発の起用が大事になってくる。特に第2戦の先発投手が、ファーストステージの趨勢を占う役目になるだろう。

【次ページ】 渡辺監督による投手のサプライズ起用はあるか?

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

原辰徳
東京ヤクルトスワローズ
読売ジャイアンツ
小川淳司
北海道日本ハムファイターズ
梨田昌孝
埼玉西武ライオンズ
渡辺久信

プロ野球の前後のコラム

ページトップ