球道雑記BACK NUMBER

すでに二桁勝利の新生・寺原隼人。
関係者が洩らした“変身”の秘密とは? 

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/08/30 10:31

すでに二桁勝利の新生・寺原隼人。関係者が洩らした“変身”の秘密とは?<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

入団1年目(2002年)からの勝ち星は、6勝、7勝、0勝、0勝、3勝(ダイエー&ソフトバンク)。2007年に横浜へ移ってからは、12勝、3勝、2勝、4勝。今季オリックスへ移籍してから8月29日までの成績は10勝7敗、防御率2.70

154キロの速球で甲子園を沸かせてから、ついに10年。

 しかし、バッテリーコーチの山田は現在の寺原の調子についてこう語る。

「肘の痛みでオールスター後に一回ローテーションを飛ばしましたけど、8月20日の日ハム戦を見たらボールもだいぶ戻ってきています。今季はなんていうかピッチングのコツみたいなものを掴んだんだと思いますし、力いっぱいに投げなくても、試合で生きたボールを投げるっていうね、そういう技術が身についた気がするんです」

 事実、前述のロッテ戦でも先制点こそ奪われたものの9回を3失点に抑え完投。試合に敗れはしたものの終盤ではしっかりと自分の投球を修正している。こうした安定感は今までの寺原になかったことだ。

 この夏、寺原はパリーグの代表としては初のオールスターゲームに出場した。

「周りを見渡せばファースト小久保さん、セカンド本多、ショート宗さん、サード松田……みんなソフトバンクやしね!」(寺原隼人オフィシャルブログ)

 その文面は、これまで自身が歩んできた10年の道程を深くかみ締めているようだった。

 高校時代に甲子園で最速記録154キロを出していたイメージとはどこか違う。

 オリックスの3年ぶりクライマックス出場の鍵はこの男が握っている。

関連記事

BACK 1 2 3
寺原隼人
オリックス・バファローズ
栗山巧
山田勝彦

プロ野球の前後の記事

ページトップ