Jリーグ観察記BACK NUMBER

アタッカー全盛の今だからこそ!!
“現代的パッサー”遠藤保仁の再評価。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byMasahiro Ura

posted2011/07/15 10:30

アタッカー全盛の今だからこそ!!“現代的パッサー”遠藤保仁の再評価。<Number Web> photograph by Masahiro Ura

運動量が豊富で、攻守において貢献度が高く、Jリーグベストイレブンに2003年から8年連続で選ばれ続けている

アタッカー全盛の中で際立つ、試合を作る遠藤の非凡さ。

 だが、そういう飛び道具になれる選手も必要だが、本当に強いチームを作るにはゲームを演出し、タクトを振り、全体の流れを操る能力を持った選手が必要だ。

 残念ながらロンドン五輪を目指す日本U-22代表の現メンバーには、一発のロングパスを出したり、走り回って相手を潰せるタイプの選手はいても、遠藤のように試合を操れる選手が見当たらない。

 チームの頭脳になるパッサーより、駒になるアタッカーの方がヨーロッパに移籍しやすいため、最近は後者にスポットライトが当たりやすい傾向がある。だが、みんながサイドの選手を目指し始めたら、日本のサッカーは単調なものになってしまうだろう。実際、フランスは育成でフィジカル能力を重視しすぎたがために、中央でゲームを作れる選手が激減してしまった。

 たくさんの若手がヨーロッパに移籍し始めた今こそ、あらためて遠藤の価値を再認識すべきときではないだろうか。

関連記事

BACK 1 2 3
遠藤保仁
ガンバ大阪

Jリーグの前後の記事

ページトップ