NumberEYESBACK NUMBER

魅惑の攻撃サッカーで
柏がJ1を面白くする。
~レイソル躍進の理由と展望~ 

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph byMasahiro Ura

posted2011/07/27 06:00

魅惑の攻撃サッカーで柏がJ1を面白くする。~レイソル躍進の理由と展望~<Number Web> photograph by Masahiro Ura

ボールをほとんど失わないレアンドロを軸に柏は勝ち進んできた

 折り返し地点にあるJ1で、柏レイソルの躍進が目立つ。大震災の影響か、今季は鹿島アントラーズ、名古屋グランパス、ガンバ大阪といった強豪が出遅れた。では柏の進撃は、「鬼の居ぬ間」で終わるようなものなのか――。

 昇格チームがJ1を席巻するというのは、実は珍しいことではない。'09年にはサンフレッチェ広島が、'10年にはセレッソ大阪が、ACL圏内に食い込んだ。広島、C大阪、そして今季の柏には、攻撃的な試合運びと外国人監督という、ふたつの共通項が存在する。

 彼らは降格したことを逆手に取った。J1の下位に長くいると、目先の勝ち点を取ることで手一杯になり、冒険はできなくなる。だがJ2に降格の恐怖はなく、独走すれば様々な実験ができる。昨季の柏も前半戦は手堅い試合をしていたが、独走態勢に入った後半戦はパスをつなぎにつないで敵を振り回す、今季の雛形となるようなプレーを繰り広げていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 951文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

非エリートの思考法。~乱世を生き抜く力をつけろ!~
レアンドロ・ドミンゲス
柏レイソル

Jリーグの前後の記事

ページトップ