プロ野球亭日乗BACK NUMBER

坂本勇人に漂う清原和博の“匂い”。
~高卒選手がプロで活躍する条件~ 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2009/07/17 11:30

坂本勇人に漂う清原和博の“匂い”。~高卒選手がプロで活躍する条件~<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

今季4月は打率.376と絶好調だった坂本は、5月に入ると打順も1番に昇格。現在も中日・井端らと首位打者争いを演じている。

変化球に崩されない。ONにも通じる坂本の才能。

 その坂本が昨年までは詰まっていた内角のストレートをきっちり打ち返せる技術を身につけている。グリップの位置をあげてトップをコンパクトに作れるようになって、内角のさばきが抜群に良くなった。

 去年のデータを基にストレートを軸にした相手バッテリーの攻めを、これで完璧に粉砕した。今季のハイアベレージの秘密だった。

 だが、坂本という選手を根本的に支えているのは、やはりもって生まれた変化球打ちのセンスであることは忘れてはならない。

「投手が打者を抑えるのには2種類の方法がある。一つは力でネジふせること。でも、これは相当な力の差がないと難しい。だからピッチャーは常に相手を崩して、自分のバッティングをさせないことを考える。その一番の武器は前と後ろ、内角と外角とバッターを変化球で揺さぶることになる。ただ、そうやっていくら崩そうとしても、ビクともしなかったのがONだった」

 中日のエースとしてONと幾多の名勝負を演じた阪神・星野仙一SDの言葉だった。

 変化球にもビクともしないで自分のタイミングでボールをさばける。坂本に本物の匂いがするのは、まさにそこだった。

関連記事

BACK 1 2
土井正博
清原和博
野村克也
坂本勇人
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後の記事

ページトップ