スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

2010年、NBAに激動の時代きたる!!
ニックス&レブロンで来季は優勝? 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byNBAE/Getty Images

posted2009/12/07 10:30

2010年、NBAに激動の時代きたる!! ニックス&レブロンで来季は優勝?<Number Web> photograph by NBAE/Getty Images

ニューヨーク・ニックスvs.クリーブランド・キャバリアーズの試合でのレブロン。NYのマディソン・スクェアガーデンではレブロン入団を熱望するニックスファンで溢れた

取らぬ狸の皮算用……はたしてレブロンの去就やいかに?

 さて、レブロンである。

 彼本人はFAに関して一切コメントしない主義を貫いているが、今季、キャバリアーズがニューヨークに遠征した時のファンの歓迎ぶりと言ったら、それはそれは熱狂的なものだった。

 普通、ニューヨークのファンなら相手方の選手にはブーイングと相場が決まっている。それが拍手に歓声、「私たちはあなたを待っています!」オーラに満ち満ちていた。

 さらにニックスはその夜、強力な助っ人が会場に足を運んでいた。

 ワールドシリーズで優勝したばかりのヤンキースの面々だった。中にはアレックス・ロドリゲスもいて、こちらもやんやの喝采を浴びた(松井も行けばよかったのに!)。

 それはニューヨークから、レブロンへのメッセージだった。

 ニューヨークでチャンピオンになれば、こんな名声を手に出来るんだぜ。

 でも、その前にちょっとひと言。

 レブロンが来るかどうかなんて分からないんだから、今季だって頑張ろうよ。

 ね、ニックスのみなさん。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3
ニューヨーク・ニックス
ボストン・セルティックス
クリーブランド・キャバリアーズ
レブロン・ジェームズ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ